« 夢と魔法と 再び | トップページ | ないはずだったのに、母性愛 »

ダブルデートの楽しみ

こんにちは、圭です。
またまた過ぎし日の記録を上げたいとおもいます。
 
 
回想デート記録。
最近こればっかだなあ。

百合まんがのレビューとか、ほかにもブログに上げたいことはあるのだけれど、
ま、少しずつ消化していきますさ。
 
よろしくおつきあいくださいませませ。
 











6月25日土曜日。
あきらさんと、ビアンカップル友だちと、4人で夕涼みに行ってきました。

しかしね。
実はね。

友だちだとは言っているけれど、友だちではあるけれど、かのカップルと会うのは、これがわずかに二度め。
5月のイベントで知り合ったばかりの友だちなのでした。

待ち合わせ場所で、おたがいがちゃんとわかるかな。どうかな。
なんせ初対面は薄暗いバーで、酔っ払ってて、しかもわたしは「おしゃれがんばろう!」なんて調子こいてめがねかけてなかったからね。顔をちゃんと覚えているのかってね。



あ「あ、いた、あのふたりだー!」



え、もう見つけたの。
ちょっと、早いよ。

慌てて髪なでつけて、どど、どうもー。


男子トイレでお咎めなし、なBOIのAちゃん。
男子にモテまくる天然美人のYちゃん。

うん、たしかに5月に会った彼らだわ。
見ためと裏腹にたいへん気さくなふたり。


さあ、4人でいざ行かん、ミヤ・サンセット・ジャズ!


栃木県は宇都宮市、自称「繁華街」のオリオン通りでおこなわれたアマチュアジャズコンサートに行きました。
会場に近づくと、ゲートに書かれた文句が目に入る入る…



あ「見てよ、圭さん!」



異様にはしゃぐあきらさん。
ゲートを見上げると。



「ビアンフェスタ」!?




うそお、なにそれ、ジャズのイベントをやるんでしょ。それともなにか、女好きの女好きによる女好きのための女好きまみれの祭典だったの、これ? やーんこれってまさか、わたしたち幸運? 犬も歩けば棒も歩いちゃったみたいな? 棚からぼた餅ひょうたんから駒、ひゃっほ……



あ「圭さん、おいしい地ビールが飲めるよ!」



え。
あ。
うん。

「ビアフェスタ」ね、ビアフェスタ。
し、知ってたもん。気づいてたもん。



控えめな野外ステージにジャズバンドが登場、サックスの音が響きます。
司会のぐだぐだ感は否めないし、演奏はむろん本格的ではないけれど、友だちと音楽を聴きながらビールを呷るというのは心地よいもので。

あ、でも、栃木名産のいちごを使ったビールは、正直なところひとには薦められない味でした。
 

Cimg1109


無邪気なAちゃんと、おっとりYちゃんとの会話は見ていて和んだわ。
おほほ、親戚のおばちゃんみたいな視点でごめんあそあせ。


さ、コンサートに飽きたところで(こらこら)居酒屋に移動、めしを食らいます。
鶏肉ばっかり食わせる小さなお店で、からあげに大分とり天、鶏肉の入った雑炊などをむしゃむしゃやっつけました。

AちゃんとYちゃんのなれそめ聞いたり。
どのくらいの頻度でデートしてるのかとか、おつきあい事情を聞いたり。
いつかは同棲するのかとか、将来のこと聞いたり。
カムアウトしてるのかとか、家族とのこと聞いたり。


まー、ふっつうに近しくはなったわけですが。
うっかりビアンカポー同士だもんだから、話題が偏っていたのは事実かも。
もっと関係を深めて、息のながいつきあいをしていきたいよね。

なんて。

あきらさんと話しながらの帰り道、Aちゃんからメールがありました。



「あきらくん、今度いつ遊ぼう?」



あ。
あああ。



あきらくん…(゜Д゜)



奥さん、聞きました?
あきらくんですってよ。
我が愛する彼女を「あきらくん」とは。


あ。
あああ。



新しい…(*゜▽゜)ノシ



萌・え・た。

あきらさんの新しい魅力を発掘したきぶんである。
いいないいな人間っていいな。友だちっていいな。
また遊ぶぞー。
   
 
我々、根は引きこもりのカップルでござんすが、
こうしてときどき外と接触するのもいいな、とおもいました。


8月に栃木でやるガールズイベントにも参加する予定♪

Starplanet



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 夢と魔法と 再び | トップページ | ないはずだったのに、母性愛 »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/40755313

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルデートの楽しみ:

« 夢と魔法と 再び | トップページ | ないはずだったのに、母性愛 »