« 恒例行事がほしい | トップページ | わざわざ報告すること »

彼女こそ生活必需品

こんばんは、圭です。

あきらさんとの甘き年末年始にアディオス、先ほど東京に戻ってきました。
まあまた次の週末に泊まりに行くんですけども。

実家への1泊をはさみはしたものの、10日もふたりで過ごしたのは実は初めて。

東京に着いて、
着いたよーと電話をかけると、あきらさんが訊いてきました。


あ「10日もいっしょにいて、飽きたりしなかった?」


いやいやいや。
とんでもない。
飽きるもんかいね。楽しんだよー全力でしあわせだったよー。


あ「あたしと同棲するの、いやになったりしなかった?」


なーにをおっしゃるうさぎさん!
とんでもない。
いやになったりするもんかいね。楽しそうだったでしょ、わたしでれでれだったでしょ。


あ「そろそろひとり暮らしに戻りたい…とか思わなかった?」


やーだーなーっ 明日バイトがあるからだよう。
心配性さんめ。


や、あきらさんとて本気で不安になっているわけではないと思うのね。おたわむれ。

それはそれとして。
わたし、年末年始の「同棲」で確信いたしました。


わたしら、同居すべきだわ。


やー、なにを今さら。って感じだけれども。
今回つくづく思ったので書いてしまいました。

なんかね、生活に張りが出るというか。
じぶんの行動がべつのだれかにも影響するっていう、ただそれだけのことが、ずいぶんと日常の励みになるもんなのね。
ぐだぐだしたいときは存分にその時間を満喫しつつ、やらねばならんことがあるとき、ぐっと気合をいれて起き上がることができる。その力は彼女から来てるなあ、と思ったのです。

年末の大そうじだって、「あきらさんと迎えるお正月は清々しく」って気もちがあってこそだったし。
毎日あったかいものを作ってくれたあきらさんも「圭さんが笑顔でごはんを食べているのを見たいから」と言っていたし。

なんつうの、支え合い? やだこのことばかっこよすぎる。

 
そりゃ衝突もあるでしょうが(主にこたつの中で足が)、あきらさんとならうまくやっていけると、自信をもった10日間だったのでした。


明日は更新休みまーす
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 恒例行事がほしい | トップページ | わざわざ報告すること »

03.同棲にいたる道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/38339869

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女こそ生活必需品:

« 恒例行事がほしい | トップページ | わざわざ報告すること »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ