« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

みっさん

こんばんは、圭です。

きのう、あきらさんから1ヶ月遅れのクリスマスプレゼントをもらいました。


なにかと言いますと。


自転車。

ごくふつうの自転車ね!


※ささやかな話です。重要な示唆に富まないことを保証します。
 
   

続きを読む "みっさん" »

親の本音と3つの袋

こんばんは、圭です。

おとといの記事を読んだあきらさんが「『彼』です! イエーイ!」と叫んでいます。


さて。
妹からね、電話がありましてね。


妹「相変わらずあきらさんとは仲良くやってんの?」


なんて言われてですね。

これはもう毎度お決まりの会話。
姉妹でたびたび電話するんですが、やつは必ずあきらさんに言及するんです。

で、わたしは遠慮なくのろけまくっております。


と。


妹「そう言えば、親がおもしろいことを言ってたよ」


※おもしろい話ではありません。

続きを読む "親の本音と3つの袋" »

質問したなら聞いてくれ

こんばんは、圭です。


高校時代の友人と、お昼ごはんを食べてきました。
あきらさんも同じ高校にいたわけですが、あきらさんとその友人とに関わりはなく。ただの「わたしの」友だちね。

会ったのは4,5年ぶり。
最後に会ったのは、わたしがあきらさんとつきあい出す前。

待ち合わせ場所に着き、
変わってないねーとお決まりのあいさつをかますや、早速言われました。


友「圭、ちょっと! 指環ゆびわ! これ、ちょっと! ちょっとちょっとどういうこと?」


「ちょっと」多いわ。

ええ、この指環はですね…


友「えー、いつからいつから?」


え。
おい。
ちょっと待てよ、わたしまだなんにも答えてな…


友「ね、お腹すいたね。○○と△△と××と、どのお店がいい?」


お。
おう。

あれか。
これも一種のあいさつなのね。
 
うーん。
誤解や嘘がつみ重なる前にさらっとカムアウトしておこうと思ったんだけどなー。
タイミングはずしちまったぞー、と。


※長くなるので分けますねー。

続きを読む "質問したなら聞いてくれ" »

手放せないの

こんばんは、圭です。
お久しぶりです。

更新しないあいだも毎日見に来てくださる方がいて。
嬉しいことです。


さて。

先週は、
圭がバイトに行っている ⇒ あきら当直勤務 ⇒ 圭が飲み歩いている ⇒ 圭がバイトに行っている ⇒ 圭が飲み歩いている

というような理由で、あきらさんとゆっくり電話できる時間がありませんでした。

わかってるよう、わたしが遊びすぎなんだよう。


ところで。

あきらさんがひとり暮らしを始めて、いっしょに過ごせる週末がぐっと増えて。
そんでもって「いっしょに過ごせる」の中身がほんとうにリラックスしたお家モード かつ 完全にふたりの世界…であるようになって。

そうなって気づいたんですが。
電話して声を聞きたいとは思いつつ、
電話の重要性というか、電話中の会話の密度は下がったんですな、これがな。

それでも時間のあるときには電話するんだけどさ。


そんななか、
やっと少しはお話できたその時間に。

あきらさんは言いました。


あ「ねえ、圭さん」


なあに?


あ「あたしの『ライナスの毛布』になって」


ライナスの。
毛布。

ライナスの。
毛布。

Securityblanket

これですね。
この毛布ですね。

発達心理学だの愛着理論だの持ち出さなくても、わたしにはわかるわかっているさ。


これさえあれば安心。
これさえあれば幸せ。
お気に入り。肌身離さず。

そういうことよね、ね、あきらさん!


と。
こういうことは。

うん、電話越しに、声だけで聞いたからこそにまにましたんだと思う。
直接言われたら照れちゃーう。ははっ


今週末は、またあきらさんのアパートに遊びに行くので。
そのときは、リアル毛布になろうと思います。冬場はね、あっため合わなくちゃね。



朝起きると室温5℃
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

はんぱ記念日

こんばんは、圭です。

我々カップル、律儀におつきあい記念日を覚えているのですが。
2008年の5月17日なのですが。


本日0時過ぎ。

ちょうどあきらさんと電話中で。


あ「圭さん」


はいはい。
なんでしょう。


あ「…また、17日になったね」


ああ!
1月17日!


圭「阪神大震災から16年の年月が流れたってことだね…」


わたしのあたまのなか、完全にしんみりモード。
黙禱を捧げます。

今の中学生は、当時まだ生まれてもいなかったんだね。

そんなことを思いながら。


そんなわたしにじっくりつきあったあとで。
おもむろにあきらさん。


あ「2年8ヶ月経ったね」


はっ
そっちか。


あ「これからもよろしくお願いします」


いえいえ。いえいえ。
こ、ここここちらこそ。


つきあい始めたころは、
5年つきあってからきちんと親に話そう…なんて言っていた我々カップル。
「きちんと」かどうかはともかく、5年も待たずにそれぞれ親に話したわけですが。
 
いつの間にか、その待たなかった「5年」の半分は過ぎたんだなあ。と。


この先まだまだつきあってもらうよ、あきらさん。



このブログにもよろしくおつきあいくだされば幸い
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

「せっかく」の祝福

こんばんは、圭です。

金曜日に行ってきたイベントにて、まんがを1冊購入しました。

きのうの記事にも書いたとおりですが、第二部の司会には、
人気ブログ【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です を運営していらっしゃる歌川たいじさんがいらっしゃいまして。

歌川さん作『ツレちゃんに逢いたい』が、会場出口で販売されていたのでした。

Utaguwa_2


チャリティ企画で出版されたのは承知。
しかしまだ買っていなかったではないか。
いい機会だ。

というわけで、お買い上げ。

 
※以下、ネタばれはしませんが簡単な感想をふくみます。




続きを読む "「せっかく」の祝福" »

石原発言を看過しないっ

こんばんは、圭です。

きのう、「石原都知事の同性愛者差別発言、なにが問題か?」と銘打ったイベント(石原都知事の同性愛者差別発言に抗議する有志の会主催)に足をはこんできました。


「石原都知事の同性愛者差別発言」というのは、言わずもがなオンラインでだいぶ話題になりました12月の例のやつですね。
いわく、「男のペア、女のペアあるけど、どこかやっぱり足りない感じ」
いわく、「マイノリティで気の毒」

 
公人がマスコミの前でそれ言っちゃだめでしょう、「足りない」という石原さんひとりの勝手な認識が一般的事実のように聞こえるじゃーないか。

そうは思いながら、思うだけだった、
そしてブログに怒りの表現を載せただけだった わたしとは違って、
目に見える抗議の声を上げた方々のつくるイベント。

twitterで知り、趣旨だけ把握して、おずおずのこのこと。
行ってきました。

じぶんにできることがあればやります! と力強く踏み出す勇気はいまのわたしには無く。
それでも、ネット上で知る怒りだけでない、生の声を聞いてみたくて。
行ってきました。


※以下、イベント感想記。特に建設的なことは書いていません。すみません。




続きを読む "石原発言を看過しないっ" »

きゅんとする匂ひ

こんばんは、圭です。

あきらさんのアパートから東京に戻ると、いつも思うのが。


ああ、においがちがう。


家って、なにかにおいがありますよね。
そのひとが住んでいるにおい。
よくある例だと、「おばあちゃんちはたんすの虫除けのにおいがする」とか。

で。

年じゅう鼻づまりのわたしが言うなって話なんですが。


ひとにも、においってあるよね。


人間はにおいに基づいて恋をするなんて話もあるくらいで。


で。ででで。
わたし、あきらさんのにおいが大好きなんですよー というフェティッシュな話。
となりにいるとすぐ嗅ぎたくなるの。ちなみにベストスポットは首のうしろね。

鼻腔に満ちる、なんつうの、この快感!
いつまでも嗅ぎまくっていると、「くんかくんか するんじゃありません!」て引っぱたかれるけどな。


この人間のにおいって、どうも生活環境が変わるとそれにともなって変わったりするようなのね。
と言うのも、わたし友だちに「高校のころの圭のにおい好きだったよ。いまはそのにおい違うけど」とばっさり言われたことがあるからね。
どうもありがとう、いまのわたしのにおいは嫌いなんだね。べそべそ。


しかあし。
ありがたいことに、あきらさんはひとり暮らしを始めてもにおいが変わらなかった!
感謝します。
全世界に感謝します。


さて。
ひとりでいるとき、突然このにおいが恋しくなったりするわけさ。
そういうときの慰めのために、代替品を見つけようとするわけさ。
ひとはそうして進歩してきたのだよ。ふはは。


あきらさんのにおいは…

これだ、これ。

リンスとドライヤのにおい。


髪の毛をしっかり洗って乾かすと、ちょっぴりあきらさんっぽいにおいがしますです。
もちろん本人が髪の毛乾かしてるときはね、もう無敵のにおいがするとです。速攻突撃となりに陣取って、存分に嗅ぎますです。

くはー。


ついでに、ストーブで髪の毛を乾かしても同じにおいがすることが判明しました。


圭「あきらさんは、熱っぽいにおいがするってことだね☆」

あ「は?」




なにその冷たい反応。



フェロモンのにおいだと信じている
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

うしろ髪引かれて

こんばんは、圭です。
気づけば日付を越えています。

実は。
とっくのとうに東京に戻っているはずだったのですが、いまだあきらさんのアパートにいます。

戻ろうと思ったところでね、あきらさんのね、「さびしいよ」の一言にね、ハートを撃ち抜かれましたずぎゅーん。
あらやだくっさーい。

「お願いもう1泊させてね」と、こちらからも頼んで、しっかり居座ってます。うっはうはです。


明日の朝は、東京に戻る前にふたりで鏡開きするんだー。おしるこ食べるんだー。
なに、日がずれていたってかまやしないよね。
12/31に新年を祝うとか、そういうレベルのずれじゃないもんね。


季節のイベントはとことんいっしょにたのしみたい。

ささやかなところで同じ感覚をもっているのが、とても、うれし。



夜更かしー
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

あったかお出迎え

こんばんは、圭です。

案の定、今週末もあきらさんの家にいました。今もいるんだけどね。



土曜日には東京の友だちと酒飲む約束をしていたもんで、日曜日からおじゃましよう…と考えておりましたのでありますが。


あ「遅くなってもいいから土曜日においでよ。〆の夜食つくっておくから」


飲んでから帰ったら0時になりますよー。
土曜日のあきらさんは当直明け。そんなに遅くまで起きて待っていてくれるの?


あ「待ってるよー」


まあまあ、ありがたや。
では。
遠慮なく。

でもほんと、夜食っても軽ーいのでいいのよ。
わたし飲んでくるからね。しっかり食べてくるからね。


あ「じゃあ、おうどんをつくっておこう」


わーい。



と。
こ。
ろ。
が。


お酒メインの飲みだったもんでー
ごはんはぜんぜん食べずー
頼んだもの? え、たこわさ…?

そりゃあがっつり飲んだビールや焼酎はおいしかったけれども。
から揚げとかさ、豚トロとかさ、明太ポテトとかさ、食べたかったのになあ。


ぐおーん。
ごおーん。
ぎゅるるるるーん。
あきらさんのもとへ向かう電車の中で、ああ鳴る鳴るわたしの腹。
着いたら、あきらさんとうどんが待っているんだよな。

うどん。
うどん。
うどんかあ。

うん、うどん大好きだけれども。
いまのわたしにはちょっと足りないかな。足りないな。

ああ着いた。

ぴんぽーん。

ただいまー。


あ「うどん、すぐできるよー」


おお。
なみなみと、かつおだし。
かまぼことねぎがざくざく入ったおうどん。あったかーい。

ぺろっと一椀。


と、わたしの食べっぷりをしげしげ見ていたあきらさん。


あ「…もう一杯、今度は力うどんにして出してあげる」





(*゚▽゚ノノ いよっ


うちの彼女は天使だ神だアガペーだアレルーヤ!


お餅の入った、かまぼこも追加された大ボリュームのうどん。
おいしくいただきました。
そのあと、おいしくいただかれました。

満足。



明日は東京に逆戻りー
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

脱がせ脱がせー

こんばんは、圭です。

今日はものっそく読者を選ぶ記事を書きます。
逃げる用意はいいですかー?


注意書きいくよー。

 
※いかがわしいものが苦手なひと、オタクと聞いて眉毛のひき攣るひと、まわれ右でお願いします。もう絶対見ちゃだめ。




続きを読む "脱がせ脱がせー" »

わざわざ報告すること

こんばんは、圭です。

書こうと思っていたのにいつの間にか年が明けたわ、2010年末の話。


年末には。
すでに書きました高校の同窓会と、そしてもひとつ中学の同窓会もあったのでした。

で。

中学時代に、まあいちばん仲のよかった子も参加していたんですけども。


友人「ちょっと、圭!」

圭「ああん?」

友「あたしに報告すること、ないの!?」



はい?
あなたに報告すること?
わざわざ報告?

あ、そうだ。そう言えば。


圭「そう言えば伝えてなかったね、就職ちゃんと決まりました」

友「いや、そんなのどうでもよろしい」


ひどいなー。
人生のひとつの岐路なのに。大きな「新生活」が待っているところなのに。
どうでもいいって。

じゃあなによ?
報告するべきことって、なによ?


圭「えーと…卒論、ちゃんと提出しました…?」

友「ちがーう(/゜□゜)/」



うん、これはちがうだろうと思った。


友「彼氏できたの?」






はじめっからそう訊いてくれりゃいいじゃねえか。


しっかし恋バナになると周囲の注目度って俄然高まりますね。
同じテーブルに集まっていた女子どもの目が、耳が、こっちを向く向く。

なんか気が大きくなりました。
仕事相手と初対面とか、そういうシチュエーションじゃないんだぜ。
たかが中学同窓生、えいかまうもんか、ほんとのこと言っちまえ。

 
圭「あーちがうちがう。彼氏じゃなくて彼女ね、彼女(´▽`)


あ。
お。
おおー。

集団にまとめてカムアウトしたことって、かつてなかったなあ。
いろんな反応が見られましたよー。おもしろかった。


「えーいつから? いつからつきあってんの?」

「おまえ、髪切ったのは女の子にモテるためだな?」

「ちょっ…つづきは、えーと、つづきは酒が来てからってことで…」


いちばん飛躍した反応は。


「圭ってさ…、こ…子ども…きらい、なの?」


どうしてそうなった。
子ども好きの同性愛者と、子どもをもたないヘテロカップル、今すぐこの場に連れて来て!


せめて嬉しかったのは、だれひとりとして、
わたしが「酒のノリでてきとーなことを言っている」あるいは「圭はなんちゃってレズ」だとは思わなかったこと。

そして帰り際、くだんの友人が言いました。


友「時間が足りなかったけど、今度はもっとのろけ聞かせてね」


おーう。
任せとけ!

じぶんを偽らなくていい集団が、ひとつ増えました。
ま、こいびとができたことを わざわざ報告する義理なんてないんですけどね。なにかと思うじゃない、「報告することないの?」だってさ。ねー。


カムのきっかけにはなりました
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

彼女こそ生活必需品

こんばんは、圭です。

あきらさんとの甘き年末年始にアディオス、先ほど東京に戻ってきました。
まあまた次の週末に泊まりに行くんですけども。

実家への1泊をはさみはしたものの、10日もふたりで過ごしたのは実は初めて。

東京に着いて、
着いたよーと電話をかけると、あきらさんが訊いてきました。


あ「10日もいっしょにいて、飽きたりしなかった?」


いやいやいや。
とんでもない。
飽きるもんかいね。楽しんだよー全力でしあわせだったよー。


あ「あたしと同棲するの、いやになったりしなかった?」


なーにをおっしゃるうさぎさん!
とんでもない。
いやになったりするもんかいね。楽しそうだったでしょ、わたしでれでれだったでしょ。


あ「そろそろひとり暮らしに戻りたい…とか思わなかった?」


やーだーなーっ 明日バイトがあるからだよう。
心配性さんめ。


や、あきらさんとて本気で不安になっているわけではないと思うのね。おたわむれ。

それはそれとして。
わたし、年末年始の「同棲」で確信いたしました。


わたしら、同居すべきだわ。


やー、なにを今さら。って感じだけれども。
今回つくづく思ったので書いてしまいました。

なんかね、生活に張りが出るというか。
じぶんの行動がべつのだれかにも影響するっていう、ただそれだけのことが、ずいぶんと日常の励みになるもんなのね。
ぐだぐだしたいときは存分にその時間を満喫しつつ、やらねばならんことがあるとき、ぐっと気合をいれて起き上がることができる。その力は彼女から来てるなあ、と思ったのです。

年末の大そうじだって、「あきらさんと迎えるお正月は清々しく」って気もちがあってこそだったし。
毎日あったかいものを作ってくれたあきらさんも「圭さんが笑顔でごはんを食べているのを見たいから」と言っていたし。

なんつうの、支え合い? やだこのことばかっこよすぎる。

 
そりゃ衝突もあるでしょうが(主にこたつの中で足が)、あきらさんとならうまくやっていけると、自信をもった10日間だったのでした。


明日は更新休みまーす
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

恒例行事がほしい

こんばんは、圭です。

まだ同棲にはいたっていないものの、
冬休みを活用した「ひとり暮らしのあきらさんちに押しかけちゃうぞ戦法」によって、
ここ10日ほどいっしょに寝起きしている我々カップル。

ついにお正月もいっしょに迎えたところで、あきらさんが一言。



あ「ふたりの正月恒例行事がほしいなー」



わお。
「お正月には ~ する」

ふたりの約束ごとね。ふたりだけの約束ごとね。
いいねいいね。
わたしそういうイベント性のあること大好き。

で。
なにをしようか?

毎年簡単にできること。
いろいろ複雑な条件が要らないこと。
そもそも、毎年やりたい!と思えるようなこと。



あ「よし」



あきらさん、早い。
もうなにか案が浮かんだようだよ。



あ「正月二日の夜ごはんは、カレーにしよう」



※以下、カレーの話。


 

続きを読む "恒例行事がほしい" »

運勢も味方じゃあ

こんばんは、圭です。

正月二日、あきらさんの仕事はお休みです。よかったね。
わたしももちろん冬休みです。やったね。


今日はいっしょに初詣でに行きました。

あきらさんが健康で働いていられますように。なむなむ。

よくよくお願いして帰…る前に。
おみくじを引こう!



あ「あたしは、きのう親戚と行った神社で大吉を引いたから、ここでは遠慮するね」



おお大吉ですか。幸先いいねえ。
それじゃ、わたしちょっと引いてきまーす。

初穂料をおさめながら巫女さんに見とれちまう。うっふふふ。

では。
がさごそ。

おみくじ一本、引っきまーす。





おほほほほ。
今年はふたりとも大吉。最高の年明け。


※ちょっと長くなります。ばかっぽーです。

 

続きを読む "運勢も味方じゃあ" »

今年もよろしく

あけましておめでとうございます、圭です。

あきらさんのアパートからバスに揺られて30分、わたくしいまは実家に帰省中。
年越しはあきらさんとふたりでさせてもらったのだもの、「帰る」という親孝行をしに来たのであります。
彼女のほうは、実家でお年始を祝ったあと独りアパートに戻っているようです。ごめんね、さびしいよね。


しっかし親というものは。
娘がちょっと帰ってきただけで相好くずすよねー。


母「ああこれで久々に家族がそろったわー」

母「大きな食卓が今日はさびしくないわね」


うきうき。
いそいそ。
出てくる出てくる、みかんせんべいケーキお茶。

母がこんなにはしゃぐなら、やっぱり帰ってきてよかったんだろうなあー。


※ちょいと長くなりそうなので。
  
 
 

続きを読む "今年もよろしく" »

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ