« 女だって女装するのよ | トップページ | 7カップ差だったの(過去形) »

魂は細部に宿る…かも

こんばんは、圭です。

きのうあきらさんの家から東京に戻ってきたわけですが。
「卒論を提出するまでは逢わない」宣言をしてきたわけですが。


こうね、しばらくね、逢わないことにしようなんて言うとね。

ぐーっとせつない気もちがわいてきたりするのです。
今までのつきあいをふりかえって、しみじみとあきらさんへの想いをかみしめたりするのです。
そんでもって、それを口に出しちまったりするのです。



圭「あきらさんを好きになってよかったなあ」

あ「それはよかった」←YouTubeでパ/タ/リ/ロを見ている



圭「あきらさんがわたしを好きになってくれてよかったなあ」

あ「ほう、どうして」←YouTubeで銀/魂を見ている



え、どうしてなんて。
それはね、魅力的なひとに好かれるのは嬉しいからだよ。



圭「あきらさんは、おっきなひとだからね」

あ「おっぱいが?」


ちげーよ。


ちげーよ。
ちくしょーわたしの感慨をぶちこわすなよ。

これ見よがしにHカップを目の前で揺らすんじゃありません!


あ、いや、おっぱいがでかいのは事実だけれども。
そうじゃないよ人間のでかさを言っているんだよ。うつわだよ、うつわ。

わたし巨乳フェチじゃないって何度も言っているではないですか。


気をとりなおしまして。



圭「あとね、あきらさんは、あったかいひとだから」

あ「なにが」←仰向けに寝転がってクッキング.パパを読んでいる


そーんなー。
そんなそんな「なにが」だなんてそーんなー。
「こころが」に決まってるじゃないですか。うふ。

彼女のみぞおちのあたりに手のひらを置きます。


圭「こ・こ・が」

あ「やっぱりおっぱいか」


ちげーよ。


ちげーよ。
こころだよ。こころがあったかいつってんべな。
だれがおっぱいの温もりだけで彼女をえらぶもんけ。



あ「そうかー。圭さんはあたしのカラダが目当てなのねえ」


言ってない。そんなこと言ってないよ。
落ちついて、それ誤解だから。
わたしがなんて言ったか考えて。


 
あ「まったくねえ、圭さんはしようがないひとねえ」








あの。

あの、えーと、あきらさん。

あきらさんね、あなたがいま話しかけてる相手って…



あ「ねえ、圭さんのおっぱいさん」



やっぱりか。


あきらさんは、チチを擬人化するのが好きなのです。
へっへ、全世界にバラしてやった。

ちなみに、名前もつけていらっしゃいます。


あ「左チッチーくんと右チッチーくん」


恥っずかしい名前だなおい。


そして朝起きると。



あ「おはよう、圭さんのおっぱい」


わたしにおはようを言う前に、そっち?


仕事から帰ると。



あ「ただいま、圭さん…のおしり」


むんずとつかまれます。


それはそれでにやにやするんだけれど。
あいさつは本体のほうに、ひとつよろしく。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

« 女だって女装するのよ | トップページ | 7カップ差だったの(過去形) »

09.いろいろのろけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/37789626

この記事へのトラックバック一覧です: 魂は細部に宿る…かも:

« 女だって女装するのよ | トップページ | 7カップ差だったの(過去形) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ