« さらにすすむ引っ越し準備 | トップページ | ここ3週間のはなし »

世のファザコンに告ぐ

こんばんは、圭です。

書こうと思って先延ばしになっちまってたんですが、先週あきらさんといっしょに話題のジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。
ほんとだいぶ先延ばしにしちまったな…

観てきたひとの評が一様に「いまいち」なので一度は気もちが萎えたんですが。
ええい、それでもわたしはジブリが好きじゃい!
他人の感性は他人のもの、誰がなんと言おうとわたしは観るぞ!

ってんであきらさんを巻きこみましたですよ。
公開前からセシル・コルベルの歌い方を真似してわくわくしてたんだもんねっ。作品を観ずしてどうする。



あきらさんは仕事が終わりしだい合流ってことで、わたしが先にチケットを買います。


「本日はメンズデーですが、お連れさまは…」

女性です」


鼻息荒く即答。
最近のあきらさんは華麗にボーイッシュで胸もぺたんこなので、男性ですと言ってゴリ押すこともできようが。
いやいやいや、わたしはそんなことしませんよ。

彼氏じゃないやい、彼女とデートしてるんだい!

それにレディースデーにはカップルで恩恵を受けるんだしね、ずるっこはナシでいきましょうや。



あきらさん、仕事が終わってすぐ駆けつけてくれました。
いっしょに夕飯を食べ、さあレイトショーですよアリエッティですよ元気な小さいladyですよ♪

※以下、ちょっぴりネタばれふくむ映画感想です。閲覧注意!



まず一言。
ああ。
わたし、この映画好きだわ。

緑ゆたかな絵はきれいだし、動きは申し分なくなめらか。
小人たちの感じ取る「人間の生活音」。曲がすっとこころに入ってくる感じ。
服のボタンやプルトップ、えんぴつのキャップが小人の生活にどう使われているか。

吉祥寺のユザ●ヤに行ったら1日中店内を走りまわっていられるわたくし、ドールハウス的世界に終始きゅんきゅんでした。


でもね。
なによりね。

アリエッティのパパが最高だったの。ザ☆いいオヤジ。くたびれていないおっさん萌え。
落ち着いていて、なんか哀愁ただよってて、家族想いで、過保護ではないけれど見守ってくれてて、なんつうか、もうたまらんいいオヤジ。
いいオヤジ、うんこれに尽きる。いいオヤジ。

しかもさ。


「これは、アリエッティが持っていなさい」


三/浦/友/和、あんたいい声しすぎじゃろーっ!

もうだめ。ノックアウト。わたし声フェチでファザコンなの。
そんな人間にとってはストライクゾーンど真ん中だわよ、パパン。


ふかい映画評論みたいなことはできないながら、「つまらない」というひとたちのきもちも部分的にはわかるのね。

ジブリの壮大さを期待すると、全体的にコンパクトな感じがするし。
人間も自然から借りぐらしをしているんだようふふあはは以上!みたいな。

恋愛ものだと思って観てしまうと、きっともの足りないし。
わたしはあの病気の少年とアリエッティに恋なんぞ期待していなかったので満足したけれど。

「映画は大事件が起こって解決するまでを描く」とでもいうような、アメリカーンな価値観のあるひとには平板だろうし。
登場人物の「その後」をにおわせるものとかね、「なんにも起こらない変わらない」ていう表現は好みが分かれそうだわね。


気になることもあるけれど、わたしこの映画好きです。
とりあえず、おとうさん好きなひとは観ましょう。

« さらにすすむ引っ越し準備 | トップページ | ここ3週間のはなし »

08.レビューらしき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/36309195

この記事へのトラックバック一覧です: 世のファザコンに告ぐ:

« さらにすすむ引っ越し準備 | トップページ | ここ3週間のはなし »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ