« 「先入観」と「譲れないもの」 | トップページ | 新宿2丁目熱狂納涼 »

こそっと東京プライドパレード

こんばんは、圭です。

当日のうちに東京プライドパレードのことを記事にしたかったのですがー。
アクセスから何時間経ってもログイン画面が出てこないじゃないの、あれー?
ログインしないで記事を上げるモバイル高等技術なんぞをわたしが身につけているわけがないじゃないか。
ゆうべココログメンテでもやってたのかな。


それはさておき。
プライドパレードです。

偉そうにタイトルに掲げつつ、実は少しばかり沿道からみてきただけだったりします。
しかもひとりで。
ええ、そう。ひとりで。

あきらさんも、セクマイな友だちも、なんだかいろいろと忙しすぎたことが独り身の理由ではありますが。
同時に。
いやー、わたしもはずせない用事があって、パレードを「ついでの見物」にするしかなかったという事情があります。

「誰かいっしょに行こうよー、あ、でもわたしはすぐ帰るけど」ってのは抵抗がありすぎたのです。

そんなわけで沿道からひとり。
パレードの趣旨を考えると、ここはがっつり参加! 自分も歩く! といきたいところではあったんだけれども…うむむ残念。
次回こそは。



前置きが長くなっちまった。


さて。

去年のプライドフェスティバルで買った、あきらさんとおそろいのレインボーなブレスレットをして渋谷15:00着。
見るだけ見るだけ見るだけなのに、このへんで妙に緊張。
大して目立つブレスレットでもないのに、ビアンであることをさらけ出しているようで妙に緊張自意識過剰。

落ち着かなくなったわたしはブレスレットをはずしてかばんにしまいました。
 

とりあえず、見るものは見よう。
歩き出します。
しかし。
PARC●付近にいればしっかりパレードを拝めるぞ、完璧☆ と思っていたらみごとに方向音痴ぶりを発揮して迷子になったああああー

音楽…音楽は聞こえないか!?
ざわつく集団の音はしないか!?

ノン。


わーなんにも見られなかったらどうしよう!
感想を楽しみに待っているあきらさんが、来られなかった友だちがいるってのに。
焦って焦って焦って走りまわって、やっとPARC●を見つけた直後にフロートの7号車が角を曲がってやって来ました。
先頭からは見られなかったけれど、ひとまずほっ


交通規制のために、10号連なってくるわけではなく。
車線をはみ出さないようにお行儀よく。

それでもね、歩いているひとを見てたらね、わたし泣けました。
特に9号車。She Loves Her号。

ああ、この方たち堂々とLGBTをアピールできるんだ、と思って。
ちくしょー、楽しそうじゃないか!
当事者でないひともいるかもしれない。かっこいいな。


ビアンであることを楽しんでいて、ビアンであることを恥だと思っているのでもなければガチガチのクローゼットでもないのに、ブレスレットをつけたままでは堂々といられなかったわたし。
明るく進んでいくフロートを見送りながら胸いっぱい。

9号車が見えなくなる前に、しまったブレスレットを取り出して手首につけました。

胸はって用事をすませに行きました。
帰り道では同行の友人に「彼氏とは結婚するんですか」と訊かれた流れでカムアウトしました。
相手が興味を示してきたので、今日こんなパレードがあったんだよと話しました。
自分がLでよかったなと思いました。



それにしても。
規制厳しそうだったけど、楽しそうだったなー。

外から見るのではなくて、いつか内から参加しなくては…。血が騒ぐ…。
あ、でもそのときはあきらさんといっしょがよいです。


主催・スタッフ・参加者の方、おつかれさまでした! いいものを見ました。

« 「先入観」と「譲れないもの」 | トップページ | 新宿2丁目熱狂納涼 »

06.セクマイばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/36169016

この記事へのトラックバック一覧です: こそっと東京プライドパレード:

« 「先入観」と「譲れないもの」 | トップページ | 新宿2丁目熱狂納涼 »