« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

出ません

こんばんは、圭です。

暑いですねー。連日たいそうな気温ですねー。
でもでもわたしは夏が好きなの。この暑さ・陽射し・湿気! むしむしする絶望的な不快感! たまらんです。

セミのジャワジャワいう声であたまがぼーっとして、なんか陽炎とか見えちゃって、くらくらしながら歩いていると横でふっとコンビニの自動ドアが開く…
ああ冷気が流れてくる…

この感覚が好きなの。
毎年梅雨があけるときたきたきたーって大盛り上がりですよ。


で、今年もそうなんですけれども。

今日はいつもより外にいた時間の合計が長いからでしょうか、冷房のきいた室内と暑い外とを何度も何度も行ったり来たりしたせいでしょうか、夜になって体調を崩してしまいました。あらほろひれはれ。

ううう なーんも食べる気がしないよー
吐き気がするよー
だるいよー

電話しながらあきらさんに訴えます。そんで、心やさしいあきらさんは心配してくれっちまいます。


「だいじょうぶ? とにかく食欲なくてもなにか食べな。出るもんも出ないし…」


やーん、だーいじょうぶよお、便秘になんてならないから。わたしあんまり食べなくても快便☆なんだわ。なんでだろうね。うふっ
あれか、仕事柄ついついひとの体調に気つかってくれちゃったりなんかするのか。す・て・き・ナース! ふー! あきらさん、やっさしーい!


「…違うよ…食べないと元気出ないよって言ってんの」


(゜▽゜)


(゜▽゜;)


((((((゜▽゜;)



このあと、ちゃんとごはん炊いて梅干しほぐして食べました。
暑い日は酸っぱいものがいいね!

これだけ言わせて

こんばんは、圭です。

ブログってーとね、あるていどまとまった量の文章を書かねばならんような無言の制約を感じたりもするのですけれども。
だからこそtwitterとの使い分けがうまいことできたりもするんですけれども。

今日はごく短い記事を書いてしまうのです。一瞬で終わるよ、むしろ前置きのほうが長いかもしれんよ。


バイトから帰って。あきらさんに「帰ったよ」ってんで電話をして。
少しおしゃべりしたら、いつの間にかあきらさんはおやすみモード。そうだよね、お仕事で疲れているもんね。

しばらく彼女の寝息(と彼女の部屋でまわる扇風機の音)を聞いてから、「おやすみ」とつぶやいて電話を切ります。

Trrrrr...

おや。
切ったと思ったらすぐ鳴る電話。

はいはい、もしもし?


「…おやすみなさい、って言おうと思ってかけたの…」


('▽`*)

ありがとうおおおおー!
 

さあ免許をとろう

こんばんは、圭です。

最近ね、あきらさんがね、せっせと自動車教習に通っているのです。

いや、最近通い「始めた」ってわけではなくね。始めたのはたしか昨年末、まだ彼女が国試の勉強をじっくりしっかり始める前だったはず。
んだが。
社会人にね、なりたてだとね、時間の遣い方がまだ完成されてなくってとでも言うのかしら。
年度あらたまってからまるっきり「クルマ」という語が彼女のボキャブラリーから消えていたのね。

平日は残業続きでぐったり帰宅、翌日の仕事のためにみっちりとお勉強をして。
週末はたまった疲れをたっぷり寝て癒すか、わたくしに引っぱり出されてデートするか。

まー、車に乗ってるひまなんてなかったんでしょうね!


それが、最近ようやく教習所通いが復活したってわけです。


なんでこんな話をしてるかってーと。

うっふふ、うふふ、うっふふふ。
やー、あきらさんがばりばりと教習所に通ってくれるとですね、間接的に我々カップルにとって嬉しいイベントが発生するからなのです。

あきらさんは実家暮らしなんですが、「免許がとれたらひとり暮らししてよし」とお父さまに言われていまして。

あきらが免許をとる → ひとり暮らしOK → ひとり暮らしする → 外デートしなくてもたびたび逢える場を得る!

と、まあこういう図式です。イエーア。


日々の激務で痩せほそったあきらさん&人ごみ嫌いのわたしには、外デートよりもまったりおうちデートがうれしい。
もちろんときどき外出は楽しいよ!

でもでもご家族もいるおうちでいちゃこらぶっこくのは気が引けるわけですよ。あきらさんの部屋にはカギないしね。
しかし逢えばやっぱり、ねえ。ちょっとくらい、ねえ。

だからあきらがひとり暮らししてくれると助かるんだ、おたがいのためにね!


「はやく実家を出たい。ひとり暮らししたい。そしたら圭さん、ちょくちょくあたしのとこに帰ってきてくれる? 週末とか泊まってってくれる?」


も・ち・ろ・ん・だ・ぜ ベイベー☆

というわけで、わたしはあきらが教習所に行くたんびに旗もって踊ってるのです。今日も行ってきたみたいよー にやにや。

かく言うわたしも、田舎暮らしに車の免許は必須だろってことで、今年の9月に免許合宿に行くつもりでっす。がんばる! ふたりの未来のために、がんばる!

世界の終わり

こんばんは、圭です。
the L wordのさ、最終シーズンのさ、1巻の感想はすっげー細かく上げたんですよ。上げたんですけれども。
2~4まで、つまりは最後まで、一気にみちゃったよあはっ☆ てことで、まとめて感想を上げます。


※大ネタばれ祭なので、まだみていないひとは閲覧自己責任でお願いしまあす。

続きを読む "世界の終わり" »

どきっとする瞬間

こんばんは、圭です。ちょいと久しぶりの更新でっす。

いや先週特になにもしてなかったとかそういうわけではないの、むしろ逆。昨日まで1週間ほぼ毎日酒を飲みまくってうへへ♪だったし、16日から4日連続であきらに逢っちゃったりなんかしたしで、三連休を謳歌してました。あっは。
梅雨明けしたしね、遊ばにゃ損です。いらっしゃいわたしの季節、ほんものの夏とうら~い!
とは言っても就活で汗だくになってた日もふくむんですがね…はぁ

さてさて、この4日連続おデート中。
あきらさんのナベシャツを試しにちょっと着てみて息耐えそうになったこととか、チーたらとポッキーと堅あげポテトなどつまみながらビール呷ったこととか(しかもこの直前にうな重を食べている)、彼女とうはうはハウルをみたことなんぞはtwitterでつぶやいたので。

あきらに買ってもらったまんがの話をするぞー、おー!

と、その前にこれ。あきらが買ってホテルに持ち込んだうな重です。うまそうっしょ、うまかったよー。
写真
うひ。


はい、やっと本題。
買ってもらったまんがはこれです。

『高校球児 ザワさん』1巻。

前から気になってたの。ユニホーム着てバット構えて、真剣だけどかるーいまなざしでピッチャーがいると思われる空間をみつめる表紙の高校球児。
女の子だよ、女の子!
ショートカットのスポーツ女子。こ・れ・は・読みたい!と思ってたの。
で、買ってもらっちまったの。

読んでね、よかったと思った。
スポ根野球まんがではなく、振りかぶって一球一球ていねいに書きこんだまんがでもなく。というか実際に野球しているシーンはほとんどなく。
男子にまじってばりばり野球する部活少女ザワさんを、いろんな第三者の視点でゆるーく描いているんだけどね、なんつうかな、ザワさんのさりげなーいかわいさを魅せていると言うか、ああこういうのきゅんと来るなあってポイントを突いていると言うか。
帯には「その瞬間、恋におちた。……かも。」なんて書いてあって、まさにそのとおり。

ふだんかったるそうに授業受けてる女の子がさ、部活のときにキリッとして「あ、そこいると危ないっスよ」なんて言ってみなさいよ赤面だねわたしゃ赤面するね。
身体測定で腹筋が落ちたことを気にする運動部員女子がさ、ばいーんと巨乳だったらさ、そらもーあなた目が釘づけですわよ。
セーラー服のままバッティングセンターで140km/hのブースに入ってる女の子がいてごらんなさいよ一瞬惚れかけるがな。

そんな感じ。

というわけで、わたしは今日からこっそりザワさんの応援団をやります。
なーんて言ってはいるけど、ザワさんみたいな子がリアルにいても惚れないんだな。あきらさんから揺れないんだな。
でもその子にすてきな彼女がいたらいいな♪ て考えずにはいられない。



『高校球児 ザワさん』1巻 三島衛里子 小学館Big Spirits Comics 2009年

ビアン友だちが増えました

こんばんは、圭です。

ビアンな「友だち」と酒を飲んできました。うーいうーい。ビールがたっぽんたっぽん腹に入っているよ、息もさぞかし酒くさかろう…

でねっ
実はねっ
「友だち」と言いはしたんだけども、今日が初対面だったのでした。メル友だったってことです、メル友。ビアン系の友だち募集BBSで知り合ってね。こんなのむかしの自分だったら考えられんがな。
わたし個人情報保護に関して口うるさいしさ、ネット上の「出会い」ってもんに多少なりとも抵抗あったしさ、会ったことのないひとを「友だち」と認識することにも違和感かんじるしさ。

でも、だ。
ビアンの知り合いほしさに手を出してしまったの。BBSの友だち募集に応じたの。えへへーん。
そして先日のカップルさんとの飲み会がわりとスムーズにはこんだことで、すっかり調子に乗ってしまったわっほーい。
よっしゃー今度は1対1でビアン友だちと飲むべー! ビール党同士仲よくすんべー! …ってことで今日の飲みだったのですよ話が戻ったぞ。


ビールをわっしょい飲みました。ビアカクテルも飲みました。そんでしゃべりましたよ4時間。
せっっっかくビアン同士ですもの、遠慮なく恋バナなんかしちゃったりして。恋愛観なんて語っちゃったりして。「彼女がさ~、ふふふ」ってのろけちゃったりして。
「好きになったひとがタイプだなとは思ってるけど、かわいい女の子ときれいなおねーさんとかっこいい姐御はとりあえず好きだな☆」なーんて言っちゃって。
うむうむ、楽しかった。
酒も、うまかった。
ああ、これでこのひとを「友だち」と呼ぶことに抵抗がなくなった。

さらに、さーらーにー、調子に乗ってですね。
次は初のオフ会参加といきましょう、今週末でありまっす。地元で開催ということで、わたしは里帰りしてあきらといっしょに行きます。行ってきます。
カップル参加だよひゃっほーい♪

母にカムアウト 嚆矢編

こんばんは、圭です。

タイトルのとおりです、母にカムアウトしてしまいました。しかもメールで。

あんなにあんなに恐れて、あんなにあんなにタイミングをはかりかねて、あんなにあんなに緊張していた母へのカム。
「女は結婚して家庭に入るもの」ときっちりあたまに刷り込まれてる母。
「わたし結婚はしなーい♪」とふざけて言ったら真顔で「わがまま言うんじゃありません!」て怒った母。
面と向かってきちんと言おうと思っていたのに、結局それができなかったチキンなわたくし。いちおう、1発投げることはできたけれども。
うーん…カムアウトは1回すればよいってもんではないんですよね、そうですよね。

なんでかっつーと。
母はね、「状況を理解した」わけではなさそうなのね。メールだから顔色とかわからんのだけれども、とにかく「娘はレズである」とは思ってなさそうなのね。


圭 → 母
「おかーさーん、わたし彼氏じゃなくて彼女がいるのー v(^▽^)」

母 → 圭
「どういうこと???」


返信、10秒で来やがった。はえーっつーの。いやん、ハテナみっつも並んでるわ。


圭 → 母
「好きな女のひとがいてね、そのひととつきあってるのです。ずっと言おうと思ってて言えなかったからメールで言ってしまいました」

母 → 圭
「大好きなひとと友だちになれて嬉しいってことでしょ? 母にも親友がいて、ふたりでいる時間は楽しくて仕方がないけれども、つきあってるとは言わないけど??? いちばん気が許せるひとってことかな?」


気が許せるのはほんとうだけど、なんかちーがーうー! 友だちじゃなーい! 彼女だー!


圭 → 母
「むかし○○くん(幼稚園時代の初恋の男の子)が好きだったみたいに、そのひとのことが好きってこと。親友とは違うのですよ。おかーさんと親友はつきあってないけど、わたしとそのひとはつきあってるの」


返信、こない。

待って待って待って…数時間後。


母 → 圭
「あらそお」


うん、そお。
こーれーはー、どうなんでしょう。
「あらそお、こいびとってことね。まあまあ、うふふふふ」 ってことは母の性格から言ってなさそう。
「あらそお、勝手にすれば。とりあえず勘当ね」 ってこともなさそう。

よくわからなくて、あるいは混乱してて、あるいは悲しんでいて、「あらそお」としか返せなかった…んだと思うのです。

こっから先はさすがにメールでつっつく気になれませんでして。近いうちに帰省して説明しようと心に決めてはおります、はい。
まだ相手があきらだってことも言ってないしね。

母が思い描いた道とは違くとも、わたしの幸せはきちんとあるんだよってことを、納得してもらうためのカムアウト。これはわたしのエゴではないと思いたい。あわわ。

性自認のはなし

こんばんは、圭です。
きのうの記事に書き忘れてしまったわ、やだわ。週末のデート、あきらさんはナベシャツ着用だったのですうっはー。
最近買ったばかりのね、例のやつをね、タンクトップの下に着ていたのです。


※性自認の話。めんどくさいなと思ったらスルーでよろしくお願いします。

続きを読む "性自認のはなし" »

ビアン友だちができました

こんばんは、圭です。

今週末は先週に続きまたまたあきらさんとデートしてました、うふふのふ。
デートの回数減らすんじゃなかったっけ、あれ? しばらく逢わないんじゃなかったっけ、あれ? なんかけっこう逢えてるよ? とか思いつつ、うれしいので細かいことは気にしません。あはっ

しかし今回は、いつもと違うちょっとしたどきどきがプラスされておったのです。なぜってなぜって、初めて自分たちカップル以外のビアンカップルさんにお会いしたからだよ!

オフ会とかね、イベントとかね、興味はあるの。
でもね、自分たちが参加者対象に入るオフ会って近場ではなかなか見当たらない(フリー限定だったり学生不可だったり)し、イベント行くならあきらさんとふたりで行きたいけど予定合わないし、って感じで未経験なの。
したがいましてリアルに会えるビアン友だちは今までいなかったの。

それが。
メル友と、もう少しお近づきになれましてー。
ご近所ですし、会いましょうということになりましてー。

あちらのカップルさんと我々ふたりと、4人で酒を飲んだんだぜ やふー!


とは言え。

わたし → 初対面相手にはネコかぶり
あきら → 幹事を引き受けた気苦労人
カップルさん → 人見知りで口数少ない & マイペースのほほーん

わーお、会話が生まれにくそうなスペックです。


それなりに緊張しましたしね、せっかく共通話題あるのに、最初はひたすら店のメニューながめてみんなで品定めしてただけ。
と、とりあえず酒を入れてしまおう! 口もなめらかになるというものだ!

んで2杯めから3杯めに入ったころ。
おうおう、初めて会ったにしてはいい感じに話ができるようになり。それぞれにまじめなカムアウト話もできて。
くうー これよこれ、ノンケ諸嬢にはあまり「しない・できない・通じない」話がしてみたかったのよ!


結局3時間以上語って、2丁目のイベントにも行ってみようよという話までして、解散したのでした。

相手のカップルさんはたいへん仲がおよろしく、飲んでるあいだも腕からませ肉つつきあいでほほ笑ましかったです。
わたしも、あきらに対するデレ顔を遠慮なく人様にさらすことができて気分がよかったです。

しかし帰り道。


あ「もっとくっついて来ればよかったのに」


おーっと、スキンシップ足りなかったよ発言が出ました。
た、たしかにね、おふたりの人目をはばからないというか、ためらわない愛情表現は見ていてニヤニヤものだったよ。わたしもちょっと憧れたよやってみたくなったよ。
で・も・さ。
だめだーっ 羞恥心が先に立ってしまうんだーっ

いやさわたくし、あきらさんに触れるの大好きなんです、大好きなんですよ。でも人前でできることには限界がごにょごにょ…

ってわけで、そのままあきらの家に泊めていただいて大いにくっつきました。扇風機がんがん回してべったべたにくっつきました。
あー暑い暑い。でもやめられなーい。


と、そんなお泊まりデートでありましたあらよっと。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ