« このうき舟ぞゆくへ知られぬ | トップページ | 消えたあの味 »

画餅というやつ

こんばんは、圭です。

今日は水曜日。連日のハードな勤務で疲れきったあきらさん、休める夜まで、まだあと2日です。

なんかほんと、看護師ってやばいね。
あきらさんが仕事のことをなにからなにまで話すわけじゃないんですが、いやいやじゅうぶん激務だってことは伝わってきます。
疲れきった声。いやなことあったーという報告。向いてないかもって落ち込んでたり。
ついでに毎日、血を見てるってんだからね。わたしだったら一瞬で卒倒する。

そんなだから。
わたしとしては、あきらさんを癒したくてたまらんのです。電話で「圭さんの声を聞くとほっとする」とかなんとか言ってもらえると、もう天国直行。わたしが。
さあ次はなにしよう? こんど電話をもらったらなんて言おう? そんなことばっか考えてますです。卒論書けよおまえ。


こないだ、電話をしていたら。
あきらさんがつぶやきました。



「ああ、いくら丼が食べたいな。ねえ圭さん、いくら丼が食べたいよ…」

消え入りそうな声でした。


おお、神よ! 我に彼女を喜ばせるチャンスを与えたもうたか


もうこんな時間、東京からあきらさんの元までいくら丼を届けるのは不可能です。
あきらさんも本気でわたしにいくら丼をねだっているわけではないぜ。そんなことは承知だぜ。

ではでは、せめて画像を届けるってのはどうだい? お、いい考えなんじゃね? もう任せてくれよ、それくらいならできるからさあ!

口では「おお、よしよし、食べたいね…そうだね、いくら丼が食べたいのね…」なんて言いながら、手元では携帯電話をすばやくいじり。
画像を添付して送信。

待つこと数秒にして。

ほーらほら、電話の向こうでわたしからの着信音がしている。さああきら、そのメールを開くんだ! そこにはきみの望んだいくら丼が……



あ「…いじめ?」

ん?
いまなんて? 聞き違いかな? へい、もう1回言ってくれよ、いまなんて言ったんだい?



あ「食べられないいくら丼を送ってきて、いじめ?」



ガ━(゚Д゚;)━ン

ガーン
ガーン
ガーン

死亡。


「気もちはわかったありがとう」と付け足してくれた彼女のやさしさが心に痛いのでした。

« このうき舟ぞゆくへ知られぬ | トップページ | 消えたあの味 »

03.同棲にいたる道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/35328204

この記事へのトラックバック一覧です: 画餅というやつ:

« このうき舟ぞゆくへ知られぬ | トップページ | 消えたあの味 »