« 「あきらとのこれまで」更新 | トップページ | Sの世界 »

理由なんてないってば

こんばんは、圭です。
土曜日に公開された映画が気になってます。

まー、チェックしているひとは多かろうよね。女性同士の恋愛関係を主に描いた「カケラ」

んで。
その主演の女優さんは、ナントカ賞を獲ったおひとであるってんで、有名なんですってね。
わたし知らなかったけど。
とにかく、旬のひと・話題作のひと ってわけで、今日のめざまレテレビに出ていたようですね。
わたし見なかったけど。

あきらさんは見たようです。報告してきてくれました。


※以下、あきらが寝ぼけながら聞きとった情報に基づいて書きます。ご了解を!

でさー
その番組でさー
ま、紹介されるわけやね。「カケラ」もね。最新主演作だもんね。

でさー
紹介のナレーションがさー
「なんとなく過ごす毎日に疲れた女性は、なにかに憑かれたように女性に恋する」的な解説をしてたらしいの。








ぶちっ



なんなの!?

なんとなく過ごす毎日に疲れちゃったから、なーんか刺激がほしかったから、なーんか一途な想いを寄せられたから受け止めちゃった。てへ☆ ってか?

なんとなく過ごす毎日に疲れちゃったから、「ふつう」な毎日じゃ物足りなかったから、思わず女の子を好きになっちゃった。てへ☆ ってか?


理由がなきゃだめですかー? 女が女を好きになるためには、「そうなるだけの」設定が必要ですかー?


いやね、これを撮った監督の思惑がどうのこうのと言ってるわけじゃないのよ。

ただ、ナレーションの連体修飾が気になんの。
女の子がいて、女の子のことを好きになって、ついでにその子は毎日に疲れている…って設定なら怒りは湧かないの。そう解説しろって話で済むんだけど。

疲れた女の子は女の子に走るなんてねー。

きゃはは! なめんなよ! って感じ。

癒しを求めてとか言い出すのかしら。
ま、確かに女性のやらかい肌は癒しだけどさっ。なんつってるわたしは、男の肌を知らないけどさっ。


『耽美なわしら』のあっぱれ彩子嬢のせりふ、もっかい引用したろか。

「だいたい、どうして、レズになるのに言い訳じみた理由が必要なわけっ? わたしはねぇ、生まれつきレズビアンなのよっ!」

そ。こういうことよ。

 
毎日楽しくて、明るい充実ライフを送っていて、そんでもってちなみにビアン♪
自分が何ゆえビアンなのかよくわからないけど、とにかく恋愛対象は女の子♪
 
そういう女性、たくさんいるはずなんだけどなー。
そのことを広く知らしめる意味で、the L word の功績は大きいですよね、きっと。



と、こきおろしましたけど。
作品自体は観ていないので、内容の批判はしていません。念のため。

まだ春休みだし、近いうちに観てこようかな。

« 「あきらとのこれまで」更新 | トップページ | Sの世界 »

06.セクマイばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/34097861

この記事へのトラックバック一覧です: 理由なんてないってば:

« 「あきらとのこれまで」更新 | トップページ | Sの世界 »