« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

映画「カケラ」感想

こんばんは、圭です。

観に行こうかなーと言っていた「カケラ」、観てきましたよー。
おにゃの子同士の恋愛ものだから、ということだけを理由に鑑賞、以下感想です。


※結末は書きませんが、小ネタばれをふくみます。

続きを読む "映画「カケラ」感想" »

美しき挑発

こんばんは、圭です。
東京に住んでいるんだもの、芸術鑑賞しなきゃ損! というわけで、就活のあいまを縫って行ってまいりました。

「美しき挑発 レンピッカ展  本能に生きた伝説の画家

美しき挑発
http://www.ntv.co.jp/lempicka/

※画像はチケットと方築が購入したクリアファイル、URLは展覧会の公式サイトです。



公式サイトに行ってみますと、かっけーコピーが流れてきます。

「生き方そのものが、ドラマティック
作品そのものが、彼女の本能
私の作品はすべてが自画像なのです」


そしてたいそうお美しいご本人の写真。きゃーほんと美人。女優だと言われたら信じる。


それでさー。しかもさー。
女のひとと恋してたって言うんだもんね!


なになに、ビアン疑惑(夫いたけど)の美人画家? スキャンダルまきちらしながら美女の絵を描いた? 観ます。もう絶対観ます。 ってんで行ってきたのでした。
レンピッカがモデルと恋愛関係になったりなんだりしながら描いたダイナミックな半裸婦像を、この目でしかと確かめてきましたよ。

なんか雰囲気のある静物画とか、ただの鉛筆線なのにリアルなクロッキーとか、いいなーすごいなーうまいなーと拝見した作品はたくさん。

でもやっぱり女性画だね。足を止めたくなったのは女性の画のとこだね。そもそもそれが目当てだしね。


※以下、とことんビアンビアンした勝手な鑑賞になります。閲覧注意!

続きを読む "美しき挑発" »

はい胸張ってー

こんばんは、圭です。
もうねー、就活がねー、うううぐええ です。選考の進んでいる企業がぜろになって落ち込んで、やっと立ち直って会社説明会に行ってきたところです。

そうだ! みんな不景気のなか努力してるんだ! 泣いてられっか!

ってー。張り切ったはずだったんですがー。


説明会が始まって20分。なーんかおかしいぞー。


はっ

わたし恐ろしいことに気づきました。

なんかこれ、首絞まってる?


レギュラーカラーのブラウス。ボタンはもちろんいちばん上まできっちり。
でもそのせいじゃないのよ。ボタンはいつも留めてるけども、今日はなんかいつもと違うのよ。明らかにきついよ。
気づいちまったらもうあれだね、だめだね。もうどうしよう苦しいんですけど! これめっちゃ首痛いんですけど!

いやまだだいじょうぶだ、落ち着け。のどぼとけのところに力を入れて、襟による頸部圧迫を軽減すべし。
ふんっ ←力む音

あ ちょっと楽になったかも。力を入れっぱなしにするのは少しつらいけど、窒息するよりましだよ。


はっ

わたし恐ろしい疑問を抱きました。

これ、ずっと続けてたら襟元のボタンがはじけ飛ぶんじゃね?
やだーやだーそんな漫画みたいなのやだー。

いやいやまだだいじょうぶだ、落ち着け落ち着け。姿勢を変えて襟と首とのあいだに隙間をつくろう。
少し肩を上げて、背中はこころもちまるめて。ほーらこれなら襟に締めつけられることはないよ。痛くならないよ。
おっと、しかし説明会で姿勢が悪いのっていかがなものか。よし、少し背筋を伸ばして…いや、こんなに伸ばすとまた首が絞まる…えっと…

で。

肩、凝った。


耐えましたよ。耐えましたとも。
1時間半、わたしは肩コリとともに生きました。泣きたかったわ。慢性肩コリの巽の苦労が初めてわかった気がするわ。

家に帰ってわかったことですが、今日着ていたブラウスはSサイズ。
ふだんはMを着ているんだもん、きつくて当然。やーね、ばかね。


ちなみにSサイズのブラウスを持っている理由はですね。

あきらとつきあう前はー。
今ほど胸がなかったのでー。
Sサイズの胸囲が最適だったからー。


結論、てっとりばやくバストアップしたいなら女の子に触ってもらおう☆

就活の話どこ行った? 気にしなーい。

転んでもただでは

こんばんは、圭です。

地元企業の筆記試験を受けるために、帰省しました。
ついでにあきらのもとに置き去りにしたWILLC●Mを回収。これでまた無料通話が楽しめるわー。

ありがとうありがとう、平日に仕事帰りに寄り道を頼んですまんかったね。
覚えることいっぱーい な新社会人に、手間をかけたね。ごめんね。
助かったよー それじゃこれでばいば…


あ「ちょっと家に電話かけていい?」


ええ。どうぞ。


あ「ごはん、友だちと食べてから帰るって伝えとく」


友だち…ってわたしのことですね! ごはんをいっしょに食べられるのね! 明日もあるのに忙しいのにほんとうに嬉しいことです。
でもでも、ほんとうにいいのかな? 気を遣ってくれてるだけでないの? 夕飯をいっしょに食べなかったからってわたし拗ねたりしませんよ?


あ「充電させて」


いよおっしゃー! 任せろ。
遠慮もなにもなく、楽しくおいしく外ごはんでした。

あんな忘れ物して、なにばかやってんだろーと思ったけども。予定外の日にちょっとしたデートができたから結果オーライですかね。うひひ。

参加予告

こんばんは、圭です。

見つけちまったので載せます。僻地ブログですが、とりあえず。


「第7回東京プライドパレード公式サイトが3日前にオープンしました!」

http://parade.tokyo-pride.org/7th/index.html

…だそうです。


去年のプライドフェスティバルにはこっそり足を運びました。もうすぐ1年か。早いもんだわ。
そういえば、あのとき20cm四方くらいのカラフルな布にコメントつけて提出したのでした。縫い合わせてレインボーな旗を作って、来年(つまり今年)のパレードでお披露目する…なんて話だったはず。どうなるのかしら。
都合がついたら行きたいね。あきらと話しています。いっしょに歩くか沿道から見るかはわからんにしてもね。


さて、明日は地元企業の筆記試験に行きます。そんであきらさんにWILLC●Mを返してもらいます。ああほんとまぬけ…

時代遅れの忘れもの

こんばんは、圭です。

金曜日、仕事帰りのあきらさんと待ち合わせて、日付をまたいだデートなんぞしてきました。あは。
まー若いからね。泊まってゆっくりデートできるとうはうはです。あは。

すし食って板前のお姉さんにきゅんきゅんしたり、某バートン監督の映画を観てチェシャ猫にきゅんきゅんしたり、「社会人になったんだし」つってコーヒー奢ってくれたあきらさんにきゅんきゅんしたりで楽しく過ごしてですね。


そう。それだけならさー、楽しかった! でいいんだけどさー。やっちまったのよねー。

や、今の時代にこういうことやらかすひといない気がします。
今の時代。この情報社会。
今の時代。携帯電話国内市場が飽和状態にある21世紀。
今の時代。え、外出るときにけーたい持ってかないの? 意味ねえ有りえねえ! と言われる現代。

あきらのかばんの中にWILLC●M置いてきた orz

いやーん 中距離恋愛の友が! 次に逢うまであきらさんと電話できないじゃないの! なんてこったい。


や、そもそもなんであきらのかばんにわたしのコムさんが入ってたかっつーと。
身軽な恰好してたんですよ、歩きまわるからってね。ハンカチだのおさいふだの入れるためには、小さめの肩かけかばんしか持ってなかったんですよ。
で、なにごともなければこれで足りたはずなんだけど、ちょっと荷物が増えてなー。うーん…なにか出さないとかばんが閉まらないなー。


あ「なんかあたしのかばんに入れといてあげようか?」


まじでー? いいのー? あきらさん親切ねー。じゃお願いしまーす。WILLC●M入れといて。
ふう、これでかばんが閉まるわ。帰るとき受け取るのを忘れないようにしなきゃね☆

で、忘れたってわけよ。あはははは。笑えねえよお。


わかるよ、わかる。なぜそこで携帯電話を渡すんだ!? て疑問をもつひとがいるのはよっっくわかる。
でもさー、たびたびお金を出すからさいふを他人のかばんに入れといてもらうのは不便じゃないですか。連れションするわけじゃなし、ハンカチを入れといてもらうのはびみょうじゃないですか。かばんの中がうっすら湿るしね。
ま、これしかないかなって。
 
考えておくべきだったよねー。
次にいつ逢えるかわからないまま手を振って別れるその瞬間、かばんの中身にまであたまがまわるわけないよねー。
そんな冷静になれないよねー。


あきらさんがバイクで去った。姿が見えなくなるまで突っ立って見送った。しかと見届けた。
さてと自分も帰ろうか。
で、向きを変えて背筋が凍りましたよっと。あーあ。


電話、できないとなると無性にしたくなりますね。
楽しい楽しい週末デート、しめくくりの詰めが甘かったです。ため息。

わたしと仕事とどっちが(ry

こんばんは、圭です。
学籍上、4年生になって10日が経ちました。
ということは、あきらさんが社会人になって10日が経ちました。

でっさー。10日も経てばさー。

まあ想像つくじゃないですか、同期の飲み会があるだろうなーって。
先週やらなかったんなら、今週末だなーって。

誰かが企画するもんですよ、ええきっとそうですよ。わたしまだ学生だから社会人事情はよう知らんけど、でもきっとそういうことがあるよあきらさんも行くんだよわたしの与り知らぬところで飲むんだわ! わたしもお相伴したい!



ともかく、案の定土曜日に飲みが入ったんですって。

ところで。
金曜日から土曜日にかけて、実はお泊まりデートの予定だったのです。
土曜日は夕飯を食べてから、ゆっくりのんびりばいばいさよならする予定だったのです。まあどうしましょう。

当然、あきらさんは方築に電話をかけてきました。


「謝らないといけないことがあって…」

はいはい、なんですか?


「土曜日ね、同期の飲み会が入って…」

ああ。やっぱりそうきたか。残念無念、そうかそっか、デートは延期。でもわたし我慢できるよー怒ったりしないよー。


「だからね、デートは夕飯の前までってことで、いいかな」

は。
いまなんて?

金曜日からのお泊まりデートは、そのままなんですか?
土曜日に映画見ちゃおって計画は、そのままなんですか?

そのままで、いいんですか?


「夜ごはんまでいっしょに食べようって話だったのに、ごめん。先約優先するべきなのに、ごめん」

ぬあーにをおっしゃる うさぎさん!
泣くな。
それ以上謝るな。
見ろ、わたしを見ろ。歓喜にふるえたこの目を見ろ!

キャンセルしないなんて…予定どおり逢ってくれるだなんて…ありがたすぎて気が狂いそうですいやむしろもう狂ってるのかもしれないハレルヤー!!


社会人同士のおつきあいって、なかなか避けがたい意義深いものらしいじゃないですか。
いくら学生に毛の生えたパリパリの新人でも、社会人のルールに則って活動しようとしている4月ですよ。
きちんと職場のひととの関係を保ち、それでも同時にわたしのことを考えてくれたあきらさん。

なんてありがたいんでしょう。
涙ちょちょぎれるがな。

だって、犠牲になるのはあきらさんの休息時間ですもの。
直前までデート、さあこれから同期飲みって、きもちの切り替えも必要でしょうに。

ああほんとうに、ありがとなむなむ南無阿弥陀仏。


お返しは、わたしが存分にデートを楽しむこと。かな。
任せて!

Sの世界

こんばんは、圭です。本を読んでいます。
いま手元にあるのは『女学校と女学生』
新書ですよー。カタいわねー。

ところで。
はーい、わたしが何ゆえこの本を手に取ったかわかるひとー?

はーい、そのとおりです。
お姉さま! ゆみちゃん! な世界の分析があることを期待したのです。下ごころありすぎ。

しかし。稲垣さんは期待に応えてくれました。イエーイ。


~ 第2章 女学生の手紙の世界 ~


きたきたきたあーっ!

小見出しがまた興味をそそるじゃないの。

手紙のやりとりと親密な関係
ロマンティックな姉妹関係





で、読んでみますとですね。
あらまー。


唯一の私のお姉様へ
私をお導きくださいませ。
妹の○○子より


廊下ですれ違ったらにっこり笑ってね。
姉より



みたいな。
ジュブナイルの世界じゃないのよ、リアルだかんね。
今度映画化されるリリアンの人々じゃないのよ、えび茶式部のハイカラさんだかんね。

大正・昭和の三次元日本国で、ほんとにあったのねーこういう関係。目ェきらきらさせて読んでやるわ。うふふ。うふふふふ。
ごめんね稲垣さん。そういう目的の本じゃないよね稲垣さん。


そうそう、実は我々カップルだって高校の仲間だったじゃないの。
まっ白ブラウスに紺のスカート、同じ制服を着て毎日教室で顔を合わせていたんだわ。きゃーなつかしい。
そうだよ、女子校だよ。
あのころ、ほんっと色気ない会話ばっかりしてたからなー。もったいなかったなー。

卒業する前に、夕方の教室なんかでいちゃこらしておくべきだったね。
あきらとともに臍をかみ合う、22歳の春。不純ですいまっせーん!



『女学校と女学生』 稲垣恭子 著 中央公論新社 2007年

理由なんてないってば

こんばんは、圭です。
土曜日に公開された映画が気になってます。

まー、チェックしているひとは多かろうよね。女性同士の恋愛関係を主に描いた「カケラ」

んで。
その主演の女優さんは、ナントカ賞を獲ったおひとであるってんで、有名なんですってね。
わたし知らなかったけど。
とにかく、旬のひと・話題作のひと ってわけで、今日のめざまレテレビに出ていたようですね。
わたし見なかったけど。

あきらさんは見たようです。報告してきてくれました。


※以下、あきらが寝ぼけながら聞きとった情報に基づいて書きます。ご了解を!

続きを読む "理由なんてないってば" »

「あきらとのこれまで」更新

あきらとつきあうにいたった経緯を上げ、「あきらとのこれまで」をまとめてから1年が経ちましたー。やあ早いわーびっくりだわー。

今日(2010.4.1)から新年度、すこし新しくなった我々の立場をつづっておこうと思います。
おひまな方はどうぞ。



つきあい始めたときにはふたりとも20歳だった我々カップル。
おたがい学生でした。

それがなんと、今日からあきらさんは社会人!
地元の病院で働く白衣の天使。
デート代は徹底してワリカンだったけども、これからはコーヒー1杯くらい奢ってもらってもいいかなー。うっふふ。

「彼氏は?」って訊かれたら、「ナースなの!」って答えてやるぜい。


いっぽうわたくし圭は、身分変わらず東京都内の大学生。就職活動のまっただなか、今日から4年生です。
卒業したらあきらと地元で同居! を目指して、地元就職に懸けている…んですけどね、まあ都会のほうが求職あるからなー。苦戦中。

でも。
あきらはね、老いまでビアンライフを楽しむため貯金を始めたとですよ。
負けてはいられません。


来年の4月には「晴れて同棲しまーす」なんて報告ができたら、いいなあ。


さらにその後の話♪

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ