« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

ワンダフルコペンハーゲン

こんばんは、圭です。

あきらといっしょに、劇団四季の「アンデルセン」を観てきました。


※ネタばれはしませんが、感想をふくみます。

続きを読む "ワンダフルコペンハーゲン" »

寂しい日々に別れを

こんばんは 圭です。

またまた長いことブログを放置していました。
だってねえ、もうねえ、あきらに最後に逢ってから何日たっているとお思いか?
1ヶ月ですよ!
1ヶ月ですよ!
 
エネルギー切れです。ブログを更新する気合も気力もありません。
根性なしです、ええそうです。わかってるよう。重々承知だよう。


明日、やっと逢えます。ほっ


この1ヶ月間は、ひたすら電話に縋って生きてきたもんよ。
彼女の声にどれほど救われたことか。



救われた話 その1

逢わない間に秋も深まってね、天高く肥えてきてね。
ああ太ったなあ、痩せなきゃなあ、なんて言ったらば。

あ「だめ!」

…え。
…あの。
それは、つまり、わたしに太れと?

あ「豊満であってほしいんです!」

とりあえず、これで遠慮なく食いたいもんを食らうことが許されました。わほーい。



救われた話 その2

逢えないのならせめて、次のデートの話をしましょう。
次の次のデートの話もしちゃうもんねっ

おうちデートだよ。わたしが料理しちまうかもよ。

ま。
料理はあんまりうまくないんですけども。
あきらさんの足元にも及ばないんですけども。

すると。

あ「何を言う、圭さんの料理には、あたしの料理にはないもんがあるだろう!」

圭「え、素人くささ?」


あ「あたしへの愛に決まってるだろうが!」


こんなバカップルぶちかました電話でいのちをつなぐ日々も、いったん終わるのじゃ。
さあ、お風呂に入って、明日の準備してこようっと。

正しくおいしく

こんばんは 圭です。
今日は寒いですねえ…

あったかくなったり寒くなったり、なんだか忙しくって、部屋の中が衣替えのやりかけ状態だよ あらら。
単に片づけられない症候群ともいうんですけど。

 

 

しかし本当に連日こんな天気だと風邪ひきそうだなあ…というわけで、最近のわたしはまじめに自炊中。少しでもまともな体調管理しようと思ってね。
いやね、独り暮らしを始めた当初はきちんきちんと三食つくっておったとですよ。
野菜を中心に、肉と魚は少なめだったけれども、卵で確実にたんぱく質を摂って。なーんてそんな小学校の家庭科で習うようなことをばっちりやってたとですよ。
調理実習なんて食べる専門で、作り手にまわることなどなかったこのわたしが!

 

それが、1年経ち2年経ち。
本性が出るもんなのです。
出てくるもんなのです。
ごはんー? 何それおいしいのー?
…あ、ふつうにおいしいもん書いてしまった…

 

それをここ数週間でなんとか立て直し中。

 

 

で、そのきっかけなんですけどね。いそいそ。

じゃん。

『きのう何食べた?』(よしながふみ 講談社)

 

よしながふみと言えばドラマにもなった『西洋骨董洋菓子店』や、ナントカって賞を取った『大奥』でしょうが。
ああ賞の名前も覚えていないくせにネタにしてしまうだめっぷり。

これね、この漫画ね、我々カップルのお気に入りなんです。

 

同棲する社会人ゲイカップルが、ひたすら毎日おいしいもんを作って食べる。それだけ。
子どもに頼れないから貯金を!とか、「女の子にモテたら困る 」と自意識過剰になるとか、ゲイゲイしい話もおりまぜながら。
ひたすらに日常生活。

 

食い意地のはったわたしにとっては、まさしく垂涎のシリーズ。

 

まあ作中に出てくるもんと同じのは作れないんだけどね。台所用品も調味料や香味野菜のストックも足りないからね。

そ、それだけじゃなくてわたしの技術・知識・センスも足りないからね。
中高時代に少しは調理する方にまわっときゃよかったかなあ。

 

いや。
いやいやいや。

わたしにはあきらさんがついている!
この漫画を読んでの感想が「うまいもん食いたい」じゃなくて「食わせたい」だったあきらが!
無敵の料理上手が!

 

あきらと食卓を囲める日がはやく来ますように。

トラウマがなくても

こんばんは 圭です。

むかし懐かしい同級生4人とのんびり飲んできました。
最後に会ってからいったい何年経ったのやら… 10年?

やだ、ほんと10年? わー、10を引いても10残る年になったんだねえ、わたし。
とにかく、実に「久しぶり」の再会だったのね。

盛り上がる再会トーク。
気がねしなくていい仲良し集団だから、酒もすすむ すすむ。
ぐいぐいがんがん熱燗をあける我々。

と、突然すっくと立ち上がる幹事。
お、酔っぱらったか? やんややんや。


幹事「はい、10年分の近況報告の時間! まずおまえから!」


指名されたひとがのそのそとしゃべります。


「えーと、今は○○大学の経済学部で…」


幹「遅い! はい、今の彼氏は何人目?」


あ、近況報告ってそういう意味ですか。
まあそういうもんですかね、久しぶりに会って酒が入っていれば。

でだ。

わたしの番がまわってきました。


「わたし彼女いるから」


さらりとカムアウト。


幹「……ジョ?」

圭「うん、ジョ」

幹「ふーん。圭はそっち系か」


騒ぎになるでもなく、嫌悪感まるだしになるでもなく。

ただ
「そっち系」と言われると、「わたしにとってはこっち系よ うふふ」などと答えたくなるわ。

その後。


「おまえには彼氏が必要だよ、やっぱ」

「なんだかんだ言って男でしょ」

「ちょっと待ってよ、あたしも知ってる例の失恋がトラウマとか言わないよね!?」


あげく。


「うちのゼミ仲間、外資とか商社とかいろいろそろってるから結婚したくなったらいつでも呼んで!」




うーん… 引かれなかったことにとりあえずは満足するべきなんだろうが、どうもわたしの生き方を理解されたとは思えない言葉がたくさん…

違うの! 異性にトラウマがあるから同性愛者になったわけじゃないんだい。
結婚はあきらとするんだい。

あーもー、「てめーらうっせえぞ、わたしは誇りもってレズだ彼女ひとすじだ」とでも言い捨ててくれば良かったわー
うまく切り返せなかった自分に腹立つわー

いらいらするから手酌で飲みなおそうっと。 

いざ就職活動

こんばんは、圭です。
東京ビッグサイトまで行って、派手な就活イベントに参加してきました。
ああ大学3年生なんだなあ…
自分が就活って不思議な感じだなあ… いまだお子様なわたくしには結構でかい一歩だったのよ。

準備は万端、優先入場券は印刷したぞー
ワイシャツにアイロンかけたぞー
靴も磨いたぞー
電車の時間は調べたし、道に迷う時間も考慮してあるぞー

完☆璧

と思ったのになあ。

緊張してガチガチと外出、不慣れな靴なんだからと思ってバンドエイドまで買ったのに、電車の中でかばんの中を確認してみれば。

ないっ 入場券がないっ

取りに帰るという失態。到着前からすでに足が痛いんですけど!
うわあああん ヒール高いよお。

パンツスーツで颯爽と歩ければいいんですけどね、わたしみごとにへっぴり腰。
痛いよお 痛いよお。

そうしして予定より1時間遅く会場の最寄り駅に到着。
わたし、わたし方向音痴だけど大丈夫かしら どきどき。道がわかるかしら どきどき。

杞憂。

人いすぎ! 何このリクルートスーツの群れ。
わらわらと会場に吸い込まれていく黒い大群…うえええ 気持ち悪い。
サマーウォーズのアカウント魔人のほうがかわいげがあるわ。

で、入場。待ち時間は思ったほど長くなくて、ほっとしました。
これだけの人数をさばく係員もたいへんですなあ。


さてさて。あきらさんは、実は地元で就職を決めています。
わたしは、後を追うように地元での就職を求めています。
だって同居する予定だもの。

今が中距離でつらいからね、都内のほうが就職先が多いであろうことは知りつつ、どうしても目が向くのは地元企業なのでした。
数はあまり多くなかったけれども、業種を絞らなければけっこう話は聞けるもんなんですね。

満足して昼過ぎに退場。

あきらと共働きできる会社に就職するまで、半年(もっとか?)がんばります。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »