« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

平城じゃ

こんばんは、圭です。
骨が折れました。
折れた骨が表皮を突き破りました。
穴が開いちまったおかげで憂鬱な液体が体じゅうを濡らします。

傘の骨ね、傘の。見事に布を貫通しちまいました。あらあらずぶ濡れ。

台風がきてるなんて今日初めて知ったわー。

先週まるっと関西方面に行ってまして、すっかり世のニュースとは疎遠になってまして。
なんて言っても言い訳にならんよね。
最近は、あれだろ、あれ。けーたいニュースってのがあるんだろ? どうやったらどうなって何が表示されるのか知らないけどね。

それはそうと。
関西方面、行先は古都でした。

※ぐだぐだと旅行記です。

さて奈良ですよ。せんと君のふるさとですよ。
東大寺で鹿と戯れるのは、たぶん定番コース。わたしもその道をたどりました。

奈良駅を出てひたすらまっすぐ歩き、みやげ物売りのあいだを抜けていって、最安価のお料理が4000円超という京懐石の店をひやかすと奈良公園。
折しも鹿は発情期でした。メスを求めて鳴くという雅な鹿の鳴き声を聞くことができ…

げえぇぇぇぇ~ん

今の、なに?

めぐぇええええ~

誰だ、鹿の声はものがなしいって言ったのは。

そんな声でもメスはしっかり寄ってくるもんなんですね。ああ男の趣味が悪いよ、きみたち…。そして鹿の交尾なんぞ見てしまいました。
ビアンビアンした鹿っていないのかしら。

さてさて、奈良公園に行ったらば、当然園内の国立博物館を見学することになるわけで。
教科書やなんかに印刷されていた国宝の、実物が拝めるというのは良いものですうひひ。

それにしてもヒットだったのは。

薬師如来立像 ~Standing Yakushi-Nyorai~

いやまあ確かにそうだけどもね!
外国人観光客のため、英語で解説をつけたホスピタリティは評価するけどもね!
スタンディングヤクシニョライ ってあなた…

さて今回の旅では、斑鳩三塔を制覇してきました!
法隆寺の五重塔・法輪寺の三重塔・法起寺の三重塔ですよん。

まずはもちろん法隆寺。法隆寺駅から徒歩15分ほど。
夢殿の秘仏・救世観音像は10月下旬から公開されるんだよわくわく……
今日は21日だよ、もう下旬だよわくわく……

行ってみたらば。

公開10月22日~

うそん。

気を取り直して法輪寺へ。法隆寺から更に20分ほど歩きますかね。
ひたすらのどかな田舎道をてくてく。
奈良は町がたいへん親切で、岐路にことごとく立て札がありました。「法輪寺はこっち 0.7km」みたいなね。ありがたや。

法隆寺は中学校の修学旅行で行かされたけれども、法輪寺は初めてだよわくわく……
三重塔って1300年くらい前のでしょうわくわく……

行ってみたらば。

三重塔は落雷で焼失、現在の塔は30年前の再建

うそん。

もう一回気を取り直して法起寺へ。てくてく。てくてく。
どよんとした池のほとりに貼られた自由民主党のポスターが涙を誘います。

法起寺はコスモスがとってもきれいで有名なんだってわくわく……
10月ってまさにコスモスの時期じゃないのわくわく……

行ってみたらば。

一面になぎ倒されたコスモス、今月上旬の台風のせい?

うそん。

まあ、何もかも期待どおりとは行かなかったわけですが…
いいの。
それでもいいの。

だってあきらさんがおみやげを喜んで受け取ってくれたから。 

配偶者控除にビアン一考

こんばんは、圭です。
おやおや、パソコンを開いたのが1週間ぶりだってよ、21世紀情報社会を生きる若者とは思えないね! 
なーんて久々にネットに接続したら、検索ランキングの上位が

1位 台風情報
3位 気象庁
4位 東京03
5位 JR
6位 運行状況
9位 警報

なんですが、また台風がせまってるの? それとも先週通りすぎていったやつ? 8位がぽつんと「島田紳助」なのが哀愁みちみちなんですが。
やーねえ、時事うといのって。


それはさておき。

時事問題と言えば新政権ネタですなー 連日新聞が書きたてておりますなー
というわけでカタいこと書いちまお。


※くそまじめなのでご注意を。

公約のやたら目立つところにあった「子/ど/も/手/当」、その財源確保のために、

所得税の 配偶者控除 を 廃止する

なんて話があるではありませんか。あの話の行く先をですね、わたしはけっこう気にかけているの。

なぜなら。
同性婚を希望するこころと関係ありありだとおもうからなのですよ。
何度も言いますが、ほんとカタいからね。

配偶者控除ってもんが規定されている背景には

男女の結婚 → 男がばりばり働く → 養う家族(妻ふくむ)がいる → 持ってかれる税金を減らしてあげないとね☆
所得のうち税金のかからない額を定めると言うべきか。

という「型」があったはずで。その「型」にあぶれたひとびとの中には同性カップルもいるわけで。
だからね、きっとね、同性婚を認めてほしい! って要求の動機には、配偶者控除みたいな保障を異性間と同じように期待するきもちもたっぷり含まれているとおもうのですよ。
払う税金が減ることをよろこぶというより、「異性間と同じように」ってところがだいじな人もいるんでないかしら。

以前『同性パートナー生活読本』を買ったとき、「結婚すればこういうことができる」「同性同士だとこれは厳しい」といった話をだいぶ具体的に知ることができたんですが、そのなかにも挙げてありましたっけ、配偶者控除。

そして、この本は問うてもいたのです。

パートナーが同性か異性かの違いだけで生活保障に差が出るのは確かに不平等であろうが、では何が平等なのか? 同性間にも適用すればそれが平等か? いま保障されている人たちにその立場を降りてもらうのが平等か? それでも取りこぼしはあるのでは?

「いま保障されている人たちにその立場を降りてもらう」ことになるかもしれないこのニュース、わたしは見過ごせない! ぬんっ

個人的には、税金が増えようが減ろうが法的に認められなかろうがなんだろうが、あきらさんとともに人生を歩んでいけたらそれで満足よ、満足。うしし。

あはれイヤホン

こんばんは、圭です。
やらかしました。

外出から帰るみちみち、いつものようにあきらと通話していて。
数か月前に買ったイヤホンマイクを活用していて。
独りごとを言いながら歩いているように見えると評判。


「あ、家の前に着いたー エレベーターに乗るから切るぞ」


ぷち。

自分の住処に着いて通話再開。
1日にどんだけ電話してるんだとか、この際そのつっこみは無しで。

とりあえず通話再開。

しーん。

…あれ。

通話、再開。

しーん。


「もしもし、もしもーし」


いやな予感がしてイヤホンマイクを抜いてみた。あ、聞こえる。あきらの声がちゃんと聞こえる。ということは。

「ぷち」とともにマイクコードの中の何かも抜いちまったあああぁぁぁ!
おお おお、なんたること。どうしよう、あきらさんとの楽しい自由通話生活が! ここに終焉を迎えてしまう! 焦る焦る。

まあねー、そりゃねー、電話できなくなるわけじゃないのは解ってるんだけどねー
手放しでだーらだーらしゃべる快適さに慣れちまうと、もう電話を手に持って通話なんてまだるっこしくてやってらんないのねー

と、いうわけで。
夜8時に走りましたよ、ビ●クカメラへ。ためらわずに払いましたよ、1280円。幸い今日の今日まで使っていた初号機と同じ型のがありました。えがった、えがった。

でだ、買ってきたのを装着してみてびっくり。
ああ、音質が良い。同じ型のはずなのに、何ゆえ2号機のほうが…? って、買いたての初号機はたぶん今の2号機と同じくらいの音質だったのでしょう。わたしの扱いの悪さゆえ質が落ちていったに相違なし。

ああ、ごめんねごめんよ…。
ぼろぼろになりながら献身的に仕え、挙句のはてにぶちっと内線引っこ抜かれて動けなくなったこの機械。けなげさが涙を誘うね。

だいじょうぶ、おまえの犠牲は無駄にしない。今後はイヤホンマイクをもちっと丁寧に取り扱い…ます。善処します。

少数派的就活の悩み

こんばんは、圭@大学3年生です。
就活を意識するひとが多くなるのはこの時期ですねー わたしも例に漏れませんがねー
などと言いながら、なぜ書き方が他人ごとっぽくなるのだろう。

今日も就活のセミナーなんぞというものに参加してまいりました。
面接の対策は~ エントリーシートはこう書け~ そういったお話。

こういう集まりに参加したのって初めてではないんですが。必ず出てくるんですよ、「女性は結婚したらどうするの?」てテーマが。

「面接官はセクハラ承知で質問してきますよ、結婚したら仕事はやめるんですか? と」
「子育てと仕事を両立させる気ですか? そうしてまでウチで働きたいんですか? なんて意地悪をぶつけてきたりします」

おお、また始まった。
力説する講師を見るたびに、あたまのなかでシュミレートが炸裂。


面接官「子どもを産んだら仕事はやめるんデスカ?」

圭 「出産はしません」

面「結婚したらわからないデショ?」

圭「いわゆる結婚はしません」

面「どういう意味デスカ?」

圭「わたしレズビアンなもので、うふふふふ」

いや、実際の問答でこれやらかしたら無礼千万につき不採用だよ。そりゃそうだよ。妄想どんまい。
とは言え、想定質問に入れておく必要はあるのだろうね。どんなふうに答えたら偽りが最小限で済むのかなあ…


最近の小さな悩みでした。まずは行動!

二次元カノジョ

こんばんは、圭です。
いやあ、ゲームっていいわ。ボールに入ったわたしのモンスターどもは順調に四天王をぶっ倒しております。

そういえばさあ。
いま日本中を巻きこんで大はやりの恋愛シュミレーションゲームがあるんだってね。各地で売り切れ続出だってね。人生を狂わされた男子学生がいっぱいいるんだってね。

ちょうど学校でその話をした本日、問題のゲームが「びあん系ニュース」で話題になっていたもので公式サイトをのぞいてみました。
登場する女の子がかわいいという噂。どれどれ…

あ。
おう。
なるほど。
かわいらし。

これは…はまる人は ずっぱまるだろうなあ。
そして自分のこいびとがこれにはまったら彼女は妬くだろうなあ。
ついでに、ビアンビアンしたひとにもファンはいるだろうなあ。

なんですか、両想いになったら終了ってわけではなく、現実の時間軸に添って流れていく時間を画面の中の女子高生の「カノジョ」とらぶらぶ過ごすゲームなんだと。まあ。
モーニングコールで起き、らぶメールを交わし、いっしょに登下校して、正月も花見も夏休みも仲良くこなし、画面越しにおやすみのチュウしてふとんに入る…

うーんんん わたしは生身のカノジョとそういう生活がしたいぜ!
もう高校生じゃないがな。

K●NAMIは日本を滅ぼす気だと確信。技術革新ってこわいね!

ねこまみれ

こんばんは、圭です。
夏休みが無事に終わりました。大学生始動。季節はいつの間にか秋。
というか秋も深まってくる10月でないの。残暑の記憶がないのは9月中ひきこもりを満喫したからですね、わかります。

そんな日曜日にあきらと遊んでまいりました。
行き先は地元の猫カフェ。にゃー

見よ、見渡せばそこらじゅうに毛モノがしっぽ振り回して遊んでいる寝ている…!
あああ そこなる白猫よ、おぬしは美しい。

猫にエサさえ与えなければ、さわり放題じゃれ放題で写真撮影もOK。
入場料なし。席料なし。注文した飲食代のみの請求というなんとも明快な料金システム。
時間に制限もないようで、常連は1日中いたりするんだろうなあ…

我々は まるまる2時間 おほほおほほほ わっほいわっほい とはしゃいでひとり950円、料理も文句なし。デザートまでうますぎる味でした。
食事中に何度もテーブルに乗ってきおった猫やんよ、おまえの気持ちはわからんでもないぞ。ここの食事うまいね。
ちょいと はばかりに…と席をはずせば、ドアの前に置かれた小さな箱に赤い首輪の黒猫がちまっと座ってる。完敗。


でさ、わたしはさ、これが初・猫カフェだったのでございますよ。そりゃー満足したのですよ。
あんまり自慢できる地元ではないけれども、これはりっぱな財産だと思う。
お店が気になる方は、お問い合わせくださればお答えしますね。

ビアンには猫好きが多いらしいという話を聞いたような聞かなかったような…?

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ