« カフカの変身みたいな | トップページ | サプライズ幸福論 »

ビアンだった友だち

こんばんは、圭です。
中学の同窓会案内が届きました。夏休みに集まるんだって。

それでね、わたし思い出したの。
ビアン友だちはいないと言いきってたんだけど、「そのむかし女のひとと恋愛関係にあった」って友だちはいたのでした。忘れてた、忘れてた。


1年半前。成人式があるからと、地元に戻っておりまして。
まだあきらとはつきあっていなくて、ただ先輩(♀)にホの字だったころのことです。ああ古い古い。
で、中学校卒業以来5年ぶりに会ったもんだからさ、近況報告なんてしてたわけ。
恋バナとかさ、しちったりなんかしてたわけ。

こういうときは面倒だからなるべく巻き込まれないようにするのが常なんですが。
あのときはなんでだろう。どっちから言いだしたんだろう。

いつの間にやらお互いにカムアウト。あははっ☆


だがしかし。
その友だちにとって、女の子との恋愛は過去のこと。しかもどうやら、つらーくて痛ーい別れを経て異性への恋に返ったんだそうな。

そんな彼女がわたしになにを語るよ?

はい、当然「女の子はやめとけ」ってお話でしたー ふーん。

曰く、
「いま彼女がいないなら、染まらないほうがいいと思うよ」

曰く、
「一線こえたらぜったい後悔するよ」

…ああ反駁せよ当時のわたし!


いま。
同性のこいびとがいてですね、そんで一線もこえた立ち場から言うとですね。

わー染まってよかった。自分の生き方はっけーん。
後悔? する必要性を感じないわ。
もうほんとね、毎日がとっても楽しく明るくビアンビアンですわよ けけけ。


その友だちが苦しい苦しい恋愛をしたのは事実でしょう。ネタだとは思っちゃいないよ。でもさ、それははたして女の子同士の恋愛だったからなのかって話よ。
人間関係だもの、うまくいかないことくらいあると思うんだよね。それはヘテロカップルだってやっぱり同じことだろうがな。
わたしが傷つかないで済むよう、彼女は彼女なりの忠告をしてくれたつもりだったんでしょうね…ちょっと論点ずれてたけどね…

いまこそ彼女に報告すべきかしら。
わたし、レズビアン謳歌してるよ。と伝えようかしら。
同窓会、行こうかしら。

« カフカの変身みたいな | トップページ | サプライズ幸福論 »

06.セクマイばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/34876931

この記事へのトラックバック一覧です: ビアンだった友だち:

« カフカの変身みたいな | トップページ | サプライズ幸福論 »