« 反ホモフォビア | トップページ | 嫌いなくだもの »

大木

こんばんは、圭です。

学生ってつくづく大変です。課題であっぷあっぷ。
いま特にちょっといろいろ重なってまして。

溺れる者は、あきらをつかみます。


「溺れる者がつかんだものは絶対に藁だ」


むかし読んだ唯川恵の本に、そんな名言がありましたけれど。
でも。でも。

あきらは藁じゃないぜ! 大木だぜ!
それも、かならず水に浮いてくれる大木。

電話越しに「よしよし」と慰めてくれて、「ぎうっと抱きしめてあげたい」と、しみじみ言ってくれるあきらさん。


おお…
「よしよし」「ぎうー」 → 「よしぎう」 → 「吉牛!」


牛丼食べたい!


めげて食欲がなくなっていても、あきらの「よしよしぎうぎう」を聞くと、一瞬でごはんを食べる気になるのです。わたし、もともと大食らいだし。

さ、今日もしっかり夕飯を作ろうか。コンビニ弁当には頼らないぞ!
ほんとに頼りになります、あきらさん。

« 反ホモフォビア | トップページ | 嫌いなくだもの »

03.同棲にいたる道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/34281415

この記事へのトラックバック一覧です: 大木:

« 反ホモフォビア | トップページ | 嫌いなくだもの »