« 母にカムアウト 予告編 | トップページ | テレビを貸しとくれ »

母にカムアウト 手紙編

「ハートをつなごう」を録画してくれるはずのおかあさんへ


 下宿先にはテレビがないから、「ハートをつなごう」を録画してほしい。お願いするとき、心臓がばくばくしました。メールを下書きして、ほんとうに送っていいか、何度も悩んで何度も書きなおして。目をつぶって、えいやっと送信しました。そのメール自体はカムアウトでもなんでもないのに、とっても緊張しました。

 おかあさん、返信がはやくなったね。「何の番組?」と返ってきて、うわあ、どうしよう…。LGBTってことばを出すと、メールでカムアウトする羽目になりそうだったから、核心を避けて説明したのでした。
「世の中にはいろんなひとがいるよってドキュメンタリー」

 でも、おかあさんには予想がついているかもしれないね。離れていても、わたしの言動をやたらよくみてるもんね。気づいているのかもしれないね、わたしとあきらが、もうただの「友だち」ではないってことに。

 おかあさんは、録画しながらテレビを見るでしょうか。見るとしたら、なにを感じながら見るんでしょう。おかあさんの目に、性的マイノリティはどんなふうに映っているんでしょう。おかあさんの目に、今後わたしはどんなふうに映るんでしょう。

 わたしは甘ちゃんだから、おかあさんに拒絶されるのが怖いのです。ついでに、おかあさんが自分を責めないか心配でもあります。「育て方を間違えた…」とかなんとか。
 だから、ずっとずっと言わないできたけど。最近、おかあさんに言わないできたわたしの判断は一方的だったかなと思うようになりました。「子どもの幸せが親の幸せ」と口ぐせのように言うおかあさんには、わたしの幸せのかたちを見てもらってもいいのかもしれない。

 おかあさん、わたしのこいびとは女のひとだよ。同性だよ。実は高校の友だちだったあきらだよ。恋してるよ。そして、毎日がすごく楽しいよ。みちたりてるよ。幸せだよ。

 訊きたいことがあれば、なにを訊いてもいいよ。答える用意をしておくよ。
 でも、詳しいことは夏に帰省してから話します。きっと話します。
 いまこの場では、とりあえず、これだけ。

 ひとを愛せる人間に育ててくれて、ありがとう。





まあなんてクサい手紙。こんなこと言える気がしねえ…。

« 母にカムアウト 予告編 | トップページ | テレビを貸しとくれ »

05.カムアウト関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/34394876

この記事へのトラックバック一覧です: 母にカムアウト 手紙編:

« 母にカムアウト 予告編 | トップページ | テレビを貸しとくれ »