« カウントダウン停止 | トップページ | It's a small world »

極上グルメ2泊3日

こんばんは、圭です。
あきらとの2泊3日おデートから戻りました。
しかも、東京にではなく、地元の実家に「戻った」わけで。まだまだあきらと遊ぶぞお。

今回は、ひたすらおいしいもんを食って酒を飲んでいました。

   
※空腹の方、のろけが苦手な方は注意!










さてさて20日春分の日、早起きしてあきらのもとへすっとんでいきました。


でさー。これはさー。
かんっぜんに私見なんで、一般論で語るつもりはないんだけれど。

駅でね、いや別に駅でなくてもいいけどね、そういう公共の場でね、いちゃつくのはよろしくないと、わたしおもっているんですよ。

みんなの場所でふたりの世界をつくるな!
キスは周りにひとがいないところでしなさい!
むしろハグもだめ!

みたいな。


それなのにさー。駅であきらと目が合った瞬間さー。

やっちまった。
あーあ、自己嫌悪。
抱きついてしまった。5週間ぶりに逢ったんだもーんなんて、そんなの言い訳です。
あきらにはびびられました。しばらく目を逸らされました。へ・こ・む。

そんなぎこちない再会を果たして、ああもうわたしたち何歳よ? ビールや焼酎を呷りまくる20代のくせに初々しいったら。


それからあきらのおかあさんにごあいさつに行きます。
わたしは「あきらのこいびと」として歓待してもらっています、ありがたや。



あきら母「泊まっていくんだよねー。寝室には水持っていきなー」



うん、あの。
水?
なんで? 水分出るから? (こらこら
お蔭さまで、起きてとなりにこいびとがいるしあわせをかみしめました。
 


圭  「おはようございます」
 
あ母「よく眠れたー?」
 
圭   「はい。もうぐっすり…」
 


うおー 目を見て話すことができねえ。
わざと訊いているのかしら。どぎまぎ。


まあ、それはおいといて。
あきらのおかあさんにお会いすると、胃袋が毎回うれしい悲鳴を上げることになるのですよ ふふふ。


20日の夜はー
赤ワインを飲みながらスモークサーモン、バジルソースのラビオリとふわふわ丸パン。
マッシュルームのチーズ焼きに鯛や鮃の舞いおどり。なまこやエスカルゴは生まれて初めて食べました。
食後にはハーゲ●ダッツのアイスクリームと水割りウイスキー。


21日の朝ごはんはー
煮込んで煮込んで煮込んだカレー、納豆を白いごはんと。

昼ごはんはー
麦とろ丼、しっかり味のついた蕎麦をたっぷりのお新香と。

夕ごはんはー
ビールをかぱかぱ飲みながらすき焼き。肉はひとり200gくらいかしら。
これはもはやあれだね、カルチャーショックと呼べるね。

極めつけはー
 


「はい、これ」



あきらから。ホ…ホワイトデー!!

 

「当日には渡せなかったけど」



そんなの関係ねえっす! あざーっす!
あきら手作りのマドレーヌでした。料理上手でお菓子上手のあきらさん。


そして今日。
朝起きて、まずは缶チューハイほろ酔いをくいっと一気。

昼は鯵のたたきをつまみに、白ワインをざぶざぶ飲み、カラオケに言ったらドリンクは生ビール。
夕食には居酒屋に連れていっていただいて。



あ「とりあえずビール」

圭「熱燗お願いします」



それから実家に帰ってきたわけです。ふう。
母は、おかえりに続けてこう言いました。



「ごめんねえ、なんにも冷えてないの」



なにが?
むろん、酒が。

いやいやいや冷えてなくていいから。
おかあさんよ、あなたは知らないけれど、わたし2日前から飲みっぱなしですから。

少し肝臓に休みをあげよう。う~い。

« カウントダウン停止 | トップページ | It's a small world »

07.あきらと出歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/33868476

この記事へのトラックバック一覧です: 極上グルメ2泊3日:

« カウントダウン停止 | トップページ | It's a small world »