« 先生は困っています | トップページ | 滅せよ等式 »

逃亡失敗

こんばんは、圭です。本を読んでいます。
いま手元にあるのは『秘密の花園』、三浦しをんの小説です。

『秘密の花園』と言ったら、まあまず初めにバーネットよね。
世界名作劇場と同名だなんて、しをんさん、度胸のひとだなあ。


作者は天下無敵の三浦しをん で。
題名はヒミツノハナゾノ で。
舞台はあたまに「聖」のつく女子校 で。

これってもしかして、女の子同士の恋愛ものかもなんちて期待して読んだのはここだけの話。

しかし百合作品は、往々にしてファンタジー。ときに春画。
女性同士の恋愛ものなら、もっとリアルな作品が読みたいの。
うっかり共感して心をつかまれるようなものが読みたいの。
 
それでもですね、ファンタジーにのめりこみたくなる瞬間ってもんがございますですよ。
ええ、現実から目を背けたいときって意味ですけどね。
そして今まさにそんなときですからね。
 

「あ…あきら…逢いたい…ぐすっ。うっ…」なじぶんに飽きたの。
呆れ返ったの。じぶんでじぶんに愛想尽かしたの。
 
そんなときに、いくらリアルなビアンものが好きだからって、中山可穂なんて読めるわけがないのね。
非現実ファンタジーばっちこい、聖フランチェスカ高等学校ばんざい!
 
1時間半経過。読了。



すみませんでしたoyz



違ったよ違ったよ百合作品じゃなかったよ。
マリアさまに見られてるシーンはあったけれどもさ。
この子たちの関係ってもしかして…と、うがった見方のできる部分はあったけどさ。

こ、これは百合じゃないです。 

不純な動機で読んだわたしは、逆にとてもとてもとっても虚しくなりました。
「ファンタジーで現実逃避作戦」失敗。
 
ちくしょう、わたしはどこまでも「あきら…逢いたい…」と言って泣く21歳だわ。情けなや。


あなたはこれを百合だとおもいますか?

 
三浦 しをん 『秘密の花園』 
マガジンハウス 2002年

« 先生は困っています | トップページ | 滅せよ等式 »

08.レビューらしき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169017/33834679

この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡失敗:

« 先生は困っています | トップページ | 滅せよ等式 »