カテゴリー「05.カムアウト関連」の記事

やましいなやましい関係

こんばんは、圭です。

上司であるI氏に
ふっと訊かれました。



「そういえば、圭さんは、友だちといっしょに住んでいたよね」



ええ、住んでいます。
今もですよ。



「長いねえ。どれくらいのつきあいになるの?」



つきあいは9年になります。
いっしょに住んでからは、5年です。

答えてから、じぶんでもしみじみ。
そうか、もうそんなになるのだなあ。

酔っぱらった勢いで彼女のくちびるを奪って帰ったあれから9年以上!
5年めあたりから記憶のすっ飛びぐあいが激化していて、とりあえず9年過ぎ去ったことは間違いないけれど、にしても、9年かあ。

おそ松さんが放送されていたの、
2年前とか、うそだろって感じですね。



I「仲良くていいね。大学の友だちなんだね」

圭「いえ、高校ですよ」

I「え」

圭「え」



ん?
あれ?

なんだ、なんだ?

顔を見合わせて、しばしきょとん。



そして、わかった。気づいた。
 
I氏は「長年にわたる友人づきあいの年数」を、
言い換えれば「知り合ってからの年数」を、
訊いていたのに。
 
わたしは当然のように
彼女との「恋人としてのつきあいの年数」を
答えてしまったのですな。

時差。
誤差。
誤爆。
 
I氏、首をかしげて「9年?」とつぶやいています。

わー、なんでそうまじめに数えるかなあ!



圭「ルームシェアするようになってからは5年、5年、5年ですよ! いやあ、いいものですよ、ルームシェア! 家事は分担、家賃は折半、残業してもあったかい夕飯が待ってたりしますからね! HAHAHA!」



この≪女≫は何を喚いているのだろう?


レズであることを隠すため
こんなふうにはぐらかすのではない。

釈明すれば生まれるであろう
しあわせな照れ笑いという痴態を
上司に見せるに忍びないのである。


部下はおもはゆ、許せよ、上司。
あなたが、カミングアウトするに足らん、信用ならん人物だという趣旨では、ないのです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

「嫁」が「ツレ」になる

ツイッターでは、どんなひととつながりましょう。

わたしの場合、これは明確。
セクシャルマイノリティ当事者を筆頭に、
まんがやアニメが好きだったり、
好みの作家やアーティストが
重なったりするひとと、ゆるやかにつながります。

つまり、ツイッターは、限定的な趣味の場。

先に直接の友人知人となり、
あとからツイッターでもつながるというのは、
あまり例がありません。

4人かな。4人だけかな。

しかしその4人のうちに、「わたしはレズだ」と
告げていない友人がいて、話はややこしくなるのです。


わたしは。
レズ界をベースにツイッターを活用しながら、
同時に、レズであることを明言しないために、
我が彼女あきらさんのことを書くとき、
必ず「嫁」という語を選んできました。

「嫁」

サブカルに造詣の深いひとは知っているでしょう、
「嫁」が配偶者を、パートナーを指すものではないことを。

片想いでもかまわない、雑な言い方をすれば、お気に入りの「キャラ」を指すものだということを。
「嫁」と呼ぶことで、あきらさんを一体のキャラクタ化し、免罪符を撒くのです。


徹底的に隠してきたわけではありません。
ばれてもよかった、察せられてもよかった。

どんなひとをフォローしているか。
どんな情報に飛びついているか。

「こいつはレズだ」という結論に向けて収束する糸は多く、
友人も、気づいていたことでしょう。


ただ、カミングアウトもしていなかった。
 
のだけれど。

先日、ついに、話すにいたりました。



「やっと教えてくれた。ありがとう。知ってたけどな」



どんなひとなのか。
どこで出会ったのか。
つきあってどれほど経つのか。

友は、そういう、「友人にこいびとがいると知ったとき多くのひとが訊きそうなこと」にいっさい触れませんでした。ほんとうに気が楽でした。

わたしがレズであることは、彼女にとって特に意味がない。
あらためてそう言ってもらったような気がして。

わたしはレズだけれど
わたしをレズブロガーとして知ったのではなく
わたしをわたしとして知ったあなたは、
レズだという側面に、側面でしかない一面に、光を当てなくていい。

そういう気もちを理解してもらったような気がして。


とは言え、カミングアウトはしたのです。
このときを忘れまいと、ツイッターに「嫁」ではなく「ツレ」と書きこんでみました。

「あれ」から8年。
存外、感慨があるものでした。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

長女の妻

あけましておめでとうございます、圭です。

元日は、我が彼女あきらさんのご実家を訪れました。
ご親族ずらりとそろうなか、
家長から一言、年始のあいさつを拝聴。
初詣も、ごいっしょします。
 
あきらさんは長女なので
わたしは「長女のパートナー」なわけだけれど
そうだと知っているのは、ええと、
お集まりの皆さまのうち、だれとだれだっけ。


「お正月の家族会に混ざっちゃってすみませんえへへ」と友人的な立場でいれば良いのか、
「家族の一員として認めていただき、ありがとうございますうふふ」とふるまって良いのか、
レズは決めかねました。

でも、よばれたお節がおいしかったので、途中からどうでもよくなった。
どうでもよくなっていたら。
 
ら。



あ「いやあ、うちのアラサー組はだれも結婚しないね!」



突如、あきらさんが、手榴弾を投げ込みました。
アラサー組というのは、我々世代、つまり、
あきらさんとそのきょうだい、いとこの方々を指しています。

言った直後の、ご親族一同の空気たるや。



あのね。

空気ってね、しゃべるんだぜ。
わたしには、聞こえたね。

ぴりっと走った緊張の一瞬、
だれも口をひらかなかったにもかかわらず。

声が、聞こえたね。

   

「筆頭のあんたが、レズだしね!!」



もうね、やっと、理解したよね。
彼女がだれにカムアウトしたとか、
していないとか、そういう次元では、ないのだと。

皆さんは、すでにわたしを
あきらさんのパートナーとして
認識されているのだと。

平身低頭、「混ざっちゃってすみませんえへへ」なんて、甘えだった。


あきらさんのご実家は、
お盆やお彼岸、誕生日に一族が集まる風習をもつので
今後もほどほど積極的にごあいさつに行こうと
あらためておもったのでした。

そんな2017年。
初詣で引いたおみくじは、大吉でした。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

カムアウトせずに攻略

こんばんは、圭です。

この週末は、あきらさんのご家族と、ごはんを食べて来ました。
一足早い、あきらさんの誕生日祝い。

行ってらっしゃい、と彼女を送り出すつもりだったのだけれど
「圭さんも、ぜひ」と、あちらからお誘いいただいたのでした。


あきらさんは、ご家族にカムアウトを済ませています。
だから、わたしが何者なのか、知ったうえでの、お誘いでした。

レズで、あきらさんの彼女。
いっしょに、住んでいる。
ふたりで、暮らしている。

あきらさんは、とてもていねいにカムアウトのタイミングを選び。
あきらさんのご家族は、いつの間にかしょっちゅう出入りする、よその小娘に屈託なく接するひとびとで。
わたしは、拒否されるのではないか、という恐怖を抱いたことがない。

あきらさんのご家族と、ありがたいことに、穏やかに関わっています。
世界のまるいこと、まるいこと。



が。



そんなわたしにもね、お会いすると、どきどきする相手が、いる。
緊張するってほどでは、ないよ、ないけどね、あきらさんの家族のなかで、ただひとり、あきらさんがカムアウトしていないお方。



あ「年齢を考えると、なにも知らないまま、旅立ってもらってもいいかなって」



その者、白きみぐしをまといて
下野の野に降り立つべし

大ばばさまです。

小柄で、色白で、品よく、日々の筋トレを欠かさない、食欲旺盛な、孫を愛する、おばあちゃん。

この日も、祝い膳のフルコースをもりもり召し上がりながら
あきらさんの退職についてせっせと語ります。









ほんとうは、すこし、気になっていたんだ。

これがもし、友だち同士のルームシェアだったなら。
ひとりが、精神的な不調から、仕事を辞めたとき、
それは、ルームシェアの解消につながる可能性を孕む。と、おもう。

「実家でゆっくり休みなさい」

「友だちに迷惑をかけないように」







わたしたちの関係を、「友だち同士のルームシェア」だとおもっている
おばあさまは、事態をどんなふうに見ているのだろう、と。

気になっていたんだ。



でも。



あ「あたしには、休息が必要なんだよ。それで、いちばん落ち着いて休める場所は、圭さんと暮らしている、いまの家なんだよ」

ば「あら、そう。無二の親友ってのは、いいもんだねえ」



無二の親友!
鼻が高いぜ!

あきらさん、おばあさまをさっさと攻略。


あきらさんのことは、その親友が、ちゃあんとしあわせにします。
ご家族の皆さま、どうかご安心なされますよう。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

5年越しの告白

こんばんは、圭です。

我が彼女あきらさん、職場の先輩に、訊かれてしまったそうです。



「あきらさんは、いつ結婚するの」


※ちょっとまじめな話。分けます。

続きを読む "5年越しの告白" »

ずっとレズでいるわけでは?

こんばんは、圭です。

先週末。
ミニ同窓会に行ってきました。

気のおけないメンバー。会うのは4年半ぶり。
 

おしゃべりはたのしいし、ほんとうに大好きなやつらなのだけれど、これだけは。
ああ、これだけは。



友「で、圭は彼氏できたの?」



いや、わたし相変わらずレズだよ。
彼女と仲良くやってるよ。



友「いやー、でも、ずっとレズでいるわけじゃないでしょ」



これこれ、これだけは。
それはあなたの思い込みだよ、押しつけてくれるなよ、とおもうのです。


女性とつきあっているひとが全て、今後も「ずっとレズでいるわけじゃない」のは、
我が友の言うとおりだとおもうのね。

男性とつきあうことにしあわせを見出す彼女の価値観も、それはそれ。だとおもうのね。

   
ただ。
「いまレズビアンでいること」を選び、将来にわたってレズでいようと、
伸びのび決めたのはわたしなのであって、ほかのだれが否定しても無意味なのです。

「わけじゃないでしょ」なんて断定的に言われても、「わけある」のです。


 
フォトウエディングを実行に移したら、そのときはやつらにも写真を見せよう。

そんな人生があるのか!と、あの子の目からうろこが落ちますように。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

それぞれの新年

あけましておめでとうございます、圭です。

カップル友だちを招いて、鍋をつつくうちに年が明けました。
年越しは、そばではなく、鍋の〆のらーめん。


そして、今日は、ちょっくら実家に顔を出してきました。


あきらさんとふたり暮らしをするために、母と険悪になったこと。

それは過去の一事実としてたしかに存在するのだけれど、
いまは澄ました顔で実家とつきあっています。


決して、決して。
理解を得られたわけではありません。
あきらさんのことを自然に話せるようになったわけではありません。
 
でも、いま。
わたし自身が、特にそれを目指していない。


なんつうかな、臭いものにふたをする道を選んだというか、
我が母が、わたしと彼女との暮らしを「臭いもの」だとおもっている以上、
いまのところは、むしろふたをしておいてかまわないよ、という感じでしょうか。

ふたすんな!ちくしょう開けろ、なかを見ろ!と暴れ狂ったわたしは、
やっぱりカムアウトが下手っぴいだったよなーとおもいます。


しかしカムアウトは、一度のやっつけ仕事で終わるものではないのだね。

「娘が女性とふたり暮らしをしている」ことが母にしみこんだころ、
そして、わたしの周囲が続々と結婚してゆくころ、

また、くりかえし、何度でも、カムアウトアフターケア編が、必要になるのだろうね。



定年退職した父と、近々結婚することになりそうなきょうだいを前に、そんなことを考えなおした新年です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

職場でにじみ出る本性

こんばんは、圭です。

職場でのカムアウト関連のことは、何度かブログに書いたことがあるけれど、
またこんなことがあったよーという話です。


飲み会がありましてな。
ちょうど大きな仕事が終わった打ちあげ的な飲みでしてな。

大事が片づいた安心からでしょうか、残念ながら、周りは愚痴の嵐。
開始が20時という遅めの会で、しかも料理はコースではなく、終わりの時間は決まっておらず。

こりゃもう、早めに失礼するに限ります。



すみません、わたし、ぼちぼち…

とお尻を浮かせると。

役職も年齢も遥か上の超☆上司が、すばやく寄ってきました。

げ。
これは。
帰してもらえないフラグか?



上「圭さん、さては、家で待っているひとがいるね?」

は。
はは。
ははは。
 
ええ、そうなんですよー。



上「彼氏ですか」

いいえー。
女の子です。



なんか慣れたな、このパターン。
続きは「あー、最近流行りのルームシェアってやつねー」とくるのがお決まりです。

ルームシェアが流行なのかどうかはともかく。



しかし。
超☆上司さまは違いました。



上「あ、なんだ。彼氏じゃなくて彼女だったんですね。そういうことだったんですね」

深く、うなずかれてしまいました。



上「じゃあ、圭さんは独身で通すんですねえ。これからきっといろいろ大変なこともありますよ、がんばってください」

力強く、励まされてしまいました。



上「彼女さん、若い女性がひとりで家で待っているのも物騒だ、早く帰っておあげなさい」

すんなりと、背中を押していただきました。



わたしはレズビアンであることを隠すつもりはさらさらなく、
かと言ってわざわざカムアウトする気もさしてなく、
ばれたらばれたでいいわーとふるまってきたつもりですが。

こうもあっさりさっくり察してもらっちまうと、いささかポカーンとしますな。
とりあえず、超☆上司さまの柔軟な発想に乾杯。

 
ところで、「そういうことだったんですね」って、なに。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

家出娘と父の日

こんばんは、圭です。

6月が終わろうとしています。
祝日ひとつなく、湿っぽいこの月に、お忘れではありますまいな、小さく灯るイベント1件。

父の日です。
父の日がありました。


学生時代の「家を出た」4年間をノーカンにすれば、
今年は本格的に家を出てはじめての父の日ですので。

ディナーを企画してみました。

父と…いや、家に取り残される母が気の毒だな、両親とも誘っちまおう。

3人で、酒を飲みながらの夕飯。



と言うと、ふつうに心温まる親子のイベントなのですが。ですがね。
わたしが実家を離れてあきらさんと同居するにあたって、彼らとは相当ごちゃごちゃとモメたため、実の親だけれども、電話をかけるのに異様に緊張してしまいました。

ひゃっひゃ、冷や汗。



それでも「諾」の返事をもらい、お気に入りのレストランバーへ案内しました。



「おとうさん、このお店を教えてくれたのは、あきらさんなんだよ」



そのことばは、発さない。がまん。飲みこみます。

母の前であきらさんの話は出さないというのが、父娘のルールです。
暗黙のルールではなくて、はっきりとことばに出して確認しあった、禁則事項。

以前にも書いたとおりで、彼女の話題はタブーですから! ね!


しかしだ。
やれチーズがうまい、オリーブがうまい、カルパッチョが絶品と喜んだ父母は、訊いてきたよね。そりゃそうだよね。



「どうしてこのお店知ったの?」



へへ。
へへへ。



「教えてもらったんです」

hotpepperでいろんな検索したり、グルメ雑誌をあてにしたりするのもいいけど、
味覚の信頼できるひとに連れてきてもらうのが、新規開拓にはいちばんだよね。
一見すると入りにくいようなお店でも、中の様子がわかっていると次から気軽に敷居がまたげるし。


うなずきながらビールをくいくい飲む父も、
せっせとピザを切り分ける母も、

「教えてもらったって、だれに」

と訊いてくることはありませんでした。
訊かれたら言うつもりではあったんだけどねー。


その後。
店を変え、日付を越え、もういっぺん店を変え。

深夜にタクシーで帰宅したときには、おなかのなかもあたまのなかも、酒精でいっぱいになっていました。



一度だけ、彼女の名前が出たなあ。

「あんたこんな時間まで、あきらさんいいの?」

「だいじょうぶ、今日は夜勤だから不在なの」

それだけだったなあ。

水飲も、水。

   
わたしにとってのあたりまえの暮らし、認めてもらおうなんておもっていないけれど。
まだまだこれから、ゆっくり時間をかけてなじませるのだ。 定期的に姿を見せておくのだ。

あなたの考える「ふつう」ではない生活を営んでいても、
わたし、ちゃんとふつうにしあわせで元気で健康です。見てのとおりに。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

「お嬢さんを、ください」

こんばんは、圭です。

あきらさんのおとうさんと、あきらさんと、3人でごはんを食べてきました。
半年ほど前から、会食しましょうしましょうという話はあったのだけれど、それがようやく実現したのです。


わあわあ、どんな話題が出るんだろう。
なにか訊かれるのかな。

あきらさんと「いっしょになる」ことについて、想いのたけを語る用意があったほうがいいのかしら。







なーんて構えることもなく、
あっという間にはじまった飲み会は、
あっという間におとうさんの博識大披瀝会となり。熱い演説の場となり。

「教育」の根幹を形成する徒弟関係について。

音楽、特にボイスのもつ力と編曲の妙について。

世界各国の「美食を追求する文化」を分布図にする試みについて。

イギリス人にとってイギリスという国は存在しないという民族の自負について。


「へえっ、そうだったんですね」

「なるほど、勉強不足でした」

「あ、そこまできちんと掘り下げて考えたことがなくて」


謹聴。

厚みのある話を繰り出す目上の方というものに、わたしはとても弱いのです。
ときめいてしまうのです。

そうしてお話をうかがいながら、おもいました。

 
あきらさんのおとうさんは、わたしの話を聞きたいとおっしゃった。
「娘のパートナーと話をしておきたい」という趣旨だった。

でも、それは、話題を制限するものではなかったんだわ。

例えば、わたしがあきらさんを選ぶ理由であるとか、同居を望む理由であるとか、そういう「話をしておきたい」のかと、勝手におもっていたけれど。


ちがうんだ。
ちがったんだ。
 
娘が選んだ人間、娘を選んだ人間と、単に「話をしたい」と言ってくださっていたんだ。

そんな平熱の距離感はあたたかく、ここちよく、ありがたく、安心。

この親にしてこの子あり、だなあ。



あ「た、楽しかった?」



おう、楽しかったとも。
しかしもっと本を読んで教養を高めないと、おとうさんの話についていけないっつー焦りはあるけどな。

次にまた3人でごはんを…という計画を立てるなら、今日おすすめいただいた本をわたしが読み終わってからにしてね、あきらさん。

 
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ