カテゴリー「12.その他」の記事

復帰するつもりだったのですが

こんにちは、圭です。

今年に入ってからほとんどブログを更新していません。
理由は、前の記事にもったいぶって書いたとおりで。

「やりたいことがあるから、ブログの優先順位が下がってる」



さて。
やりたいこととはなんだったかと言えば、勉強でした。
3月までは、語学試験。
4月以降は、漢字検定。

クイズ番組でもときたま取り上げられる、漢検1級をね。
学生のときに受けて、落ちて、それっきりだったのでね。

試験日は今日でした。


試験が終わったら、結果はさておき、
いったん漢字漬けの日々とはさよならして
ブログもまたちょくちょく書いたりしようかと
まあそういう予定だったのですが。

帰って自己採点してみれば、どうも合格点まであと1点だった気配。
これはちょっと、心の整理がつかないぞ。

というわけで、勉強を続けることにしました。


この2ヶ月半は、仕事から帰ると辞書やノートをひらき、
日付が変わるころに風呂に入って、また小1時間かりかり。

食事のしたくも、お風呂を沸かすのも、
家のことは、我が彼女あきらさんがやってくれました。



「圭さんの勉強バカなところ、好きだよ」



と言って、自由にのめり込ませてくれた。
感謝しきりです。

彼女はいつでも、いっしょ懸命に支えてくれるひとだけれど
そしてわたしはいつでも、それに甘えてきたのだけれど

今回ほどの「お任せ」状態はさすがにアレなので、
勉強は続けつつ、家のこともやって、となると。

おや、またブログを書く時間が。


復帰するつもりだったのですが、もうしばらく沈下します。
尺璧非宝。では、また。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

飽きられてしまうまえに

こんばんは、圭です。

わたしがブログを書き始めたのは2009年。

21世紀になってからのすべてを「最近」で片づける身には
実感がうすいのですけれど、このころ、iPhone発売前です。

ブログを読むひとも
おそらく「パソコンから閲覧」の方が多かったのではないかと。

「ネットにも接続できるタイプのガラケーから」という方も
あったかもしれませんね。


それが。

 
いつ実装されたの、スマホユーザ向け画面。

スマホから読みやすいことは事実なので、
この画面を非難する気はさらさらないのだけれど、
これ、各ブログのデザインテンプレート、無視していますよね。

で、詳しい方にお訊きしたいくらいなんだが、
パソコンであれば瞬時に目視できる
「リンク先」「更新カレンダ」といったメニュー的ガジェット、
スマホ版では見られないという認識で、合っているんだろうか。


と、まわりくどい話をしていますけれども!

なにをいわんとしているかと言えば。
気づくひとは少なかろうけれども、
本日、我がブログのリンク集を差し替えました。

なぜかと言えば。
我が彼女あきらさんが、ブログを開設したからです。


ところで、どうして、またブログを書こうとおもったの。
急になつかしくなったの。

 

あ「いや、友だちのブログを読んでたら、あたしの古いブログがリンクに入ってて」



ふむ、ふむ。



あ「そもそもブログやってたこと忘れてたから、それ見て思い出して」



忘れてた、だと…?

ブログを再開しようとしたら、
ログインパスを忘れていたので新設したんだそうです。

ああ、でも、それ、あるある。
わたしも、イープラスのチケットサイトに、ログインできなくなって久しい。


これからしばらくは、ふたり体制で日々を綴るのね。
あきらさんが飽きるまでは。またブログの存在を忘れるまでは。

ネタが重なったら『喰う寝るふたり 住むふたり』のようになったりするのかしら。


興味のある方は、どうぞおはこびください。

「瑠璃と玻璃 (弐)」


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

たしかにビアンですけどおお!

こんばんは、圭です。

Dsc_0353


久々にブログを更新したところ、嬉々として読みなすったあきらさんが、変な顔をしました。



あ「圭さん、ブログなんか設定変えたの? 変なことになってるけど」



いや。
なに?

と、スマホからアクセスしてみれば。


Screenshot



主張、強っ!


ココログが、アップデートしていました。

写真中心のブログ運営をしないわたしのような者にとっては改悪でしかないんですけれども、変わってしまったものは仕方がない。
なるべく画像を貼るようにして、このどぎつい「ビアン」を奥にしまいこむことといたしましょう。

というわけで無意味なスタバでした。


ううう、ネタはあるのだが、ていねいに更新する余力がないよ。
ではまた。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

アンテナに引っかかるもの全て

こんばんは、圭です。

ものまねタレント コロッケ と 声優 山寺宏一 との、
対談というか仕事の舞台裏暴露というか、NHKのそういう番組にぐいぐい惹きつけられて、
なにを書こうとしていたのか、けろっと忘れてしまいました。


 
「アナと雪の女王」を観に行ったときに流れた、
別の映画「マレフィセント」の予告も百合っぽかったなあ、

って話だっけ。



発売されたばかりの『パレス・メイヂ』2巻では、
うら若き男装の女帝が1巻に輪をかけてかわいくなったなあ、

って話だっけ。



『もやしもん』最終巻はすばらしい安定のBLだったなあ、

って話だっけ。



中学の女性教諭が、女子生徒に対する
4回の不適切な接触(ほっぺたにキス)で処分された。

っていう千葉のニュースの話だっけ。



ほんとうに忘れてしまった。

思い出したら、また。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

気まぐれのやる気

更新頻度がガタ落ちしてから、どれほどの月日が流れただろう…
と、しんみりしみじみ我がブログを開いてみたら、なんだなんだ、たかだか4ヶ月くらいじゃないの。
もう2、3年更新していないような気がしていたけれど、なんだなんだ、先月記事を書いているじゃないの。1回だけだけれど。

よそさまのブログがしばらく更新されないと、
忙しくされているのだろうなあ、大変だなあ、と勝手に推しはかったり、
ブログはもはやオワコンですか時代はFacebookですかオーマイガッと勝手に嘆いたり、
らぶらぶ日記などとても書けないような事態になってしまったの、修羅場なの、と勝手にはらはらしたり、

そらもう妄想をたくましくするのですが。


じぶんのブログについては、いかに更新されていないか、客観的にとらえることってないんですのよね。こんばんは、圭です。

ブログのトップページに「1ヶ月以上更新をさぼると表示される魔の広告」が出現したのが嫌で、キーボードに向かいました。


しかしネタはない。

正確に言うと、ネタはあるが、もっと時間のあるときにじっくり書きたい。


今日はあきらさん夜勤だしなあ。

彼女がいま家にいたら、ブログに書くからなんかおもしろいことやって。って依頼するところなのに。


仕方がないので、彼女のパジャマを抱いて、早々にふとんに入ることといたします。


変わらず謳歌しているよ、レズふたり暮らし。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

携帯電話よ、さらば

こんばんは、圭です。

このゴールデンウィーク中に、わたくしスマホデビューしました。
頑固なアナログ人間がよく踏み切ったもんだね!とじぶんでおもっています。

前の携帯電話が壊れさえしなければ、
わたしはまだまだしぶとく古い機体にしがみついていたでしょう。


そう、壊れたんですの。
正確に言うと、携帯電話からの「もう寿命です」というアピールが無視できない状態になったの。

つかい始めて3年を過ぎたころから、
突然電源が切れたり、充電がうまくできなかったり、
50回に1回くらいOKボタンが反応しなかったりと不具合が出てくるようになり。
 
6年めの今年は、20回に1回くらいOKボタンが反応しなくなってはいたんですが、
「でもまだ動く」を合言葉に、携帯電話を叱咤激励してきた日々。


やつめ、遂に音を上げました。

画面がフリーズ。どのボタンを押してもまったくの無反応。電源を切ることすらできない。
そのとき開いていたのがブログ村レズ板だもんで、なおさら胸中複雑。


数時間後に静かに電源が落ちましたが、これはもう、寿命の悲鳴だなとおもいまして。
機種変更をしようと決めまして。


それでも、それでもだよ、スマホには抵抗があったのです。

まず第一に、「今ふうすぎる」
わたしは流行に逆行するのが嬉しいあまのじゃくですから、
世のなかがスマホまみれになっている今、「まだガラケーつかってんの?」と笑われていたかった。

そして、「でかすぎる」
一時期、携帯電話市場は「コンパクトにスリムに」が主流だったではないですか。
わたしワンセグに頼ることはないし、手のひらサイズの機械にQWERTY配列キーボードなんて求めてないのよね。
ポケットにすんなりおさまる折りたたみ携帯電話のほうがありがたいわ。

それから、「傷つきやすそう」
スマホは、落っことしたときの被害がガラケーの比ではないとおもいます。
おっちょこちょいなめんな。

その他、再びガラケーに突き進む理由はいくつもあったのですが。


が。

お店に行ってみて、目が点になりました。


 
ガラケー、たっか…!


これいいな、とおもったガラケーが7万数千円。

これいいな、とおもったスマホが2万3千円。









怯んだわたしを見て、あきらさんがすばやく囁きます。



あ「スマホにしなよ。しちゃいなよ」

あ「スマホいいよお。接続速いよお。ツイッターとかブログ見るの楽だよお」

あ「いまスマホにしておけば長くつかえるよお。ガラケーはどんどん市場が小さくなるよお」

あ「スマホならあたしとLINEができるよお。LINEは無料だよお」

あ「ほら、この機種なら手書き文字入力ができるよお」

 

くっ

長もちするものが好きで吝嗇なわたしのこころをくすぐるポイントを、よくわかっていやがるぜ。


迷いに迷った末、えいやっと飛び込んでみましたスマートフォンワールド。

意外と、いけます。やれます。なんとかなります。


「片手で操作できないなんて不便」「ボタンがないとメールが打ちづらそうでいや」というのもスマホを毛嫌いする理由だったところを、
打ちづらくて困るほど、そもそもそんなにたくさんメールしないということに思い至ったのが決断の一打になったのですが、いや、ほんと、まじで問題ないわ。

手書き入力で、のんびりゆっくりちまちま文字を打っています。
それでじゅうぶん。


とは言え、まあ、画面を見るまでもなくボタンを押して文字が打てていた日々が、忘れがたくはあるんだけどね。

「5」のボタンについている突起を指がかりに、親指を滑らせて、すいすい。

OK41↑↑OK0517OK機能↓↓OK1271219121149385↓440483#63↓616945↓OKOK機能

って押したら、「今から帰るよ(´ω`)♡」ってメールがあきらさんに送れていたのに。


今となっては、アドレス帳から彼女を捜すのが既に一苦労です。

だから、あきらさんとのやりとりは巷でうわさのLINE一択となり、それはむろん便利なのだけれども、やはりアナログ人間にはこそばゆく、また恥ずかしく、そして悔しい。

「スマホにしたんだね」などと最初に言ってくる人間を、照れが嵩じて半殺しにしてしまいそうなので、
今のうちにレズビアン諸嬢の前にこうして大きな旗を上げるわけだよ。


わたし、スマホにしました。


うわっ、「彼女とらぶらぶです」って言うより恥ずかしい。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

更新を休止します

※現在カテゴリ編集作業中につき、カテゴリ名と記事の内容に不一致が多々みられます※


こんにちは、圭です。

題のとおりですが、しばらくブログの更新を止めます。


あきらさんとの同棲が近づいてきたのはうれしいことなのですが、
どぶ川がごときとろさで物事を流し進めるわたくしが、
新居に移動後すぐにネット環境を整備するとはおもわれず。

スマホは持っていないし、手持ちの携帯電話からの更新はやりづらいので却下。
おお、改行が反映されない悪夢よ。


さらに、同棲するにあたってブログのカテゴリ工事も計画しているのですが。
05.目指せ同棲」とかね、同棲が叶ったら掲げておきたくなくてね。
工事ちゅうに新しい記事を書くとこんぐらがるから避けたいなあ。


ま。
そういうわけで、新居に落ち着いてネットを引き、ブログの体裁をいくぶん整えるまで、更新はほっぽらかすことにしました。

8月ちゅうには帰ってこようとおもっていますので、そのときはどうぞまたよろしくお願いします。
復帰記事のタイトルは「冷やし中華と同棲はじめました」にしようか。


もったいぶった記事で失礼。
それではごきげんよう!



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

だいじなおおごとに針千本

こんばんは、圭です。

今ねー、わたしねー、タイバニにハマッているの。
10話まで見終えて、はらはらしているところなの。

 
さて4月1日。
わたしはレンタルDVDでタイバニを見ていました。
あきらさんは、とっくのとうに最終話まで見ているので、わたしの隣りで終始そわそわ。鼻ひこひこ。

わたし断固として「ネタばれ」を禁ずるのでね、先の展開を知っている彼女の腰は定まりません。目も泳いでいます。
そんな彼女を横目で見つつ、わあ!おじさんかわいい!虎!虎!娘想い!と騒いでいましたら。



わからないひとごめんなさい、虎っていうイカしたおじさんが出てきて、娘の楓ちゃんをかわいがっているという…いや、それが主題ではないのだけれど、そういうアニメです。タイバニってのは。




あ「タイバニ最終回では楓ちゃん結婚しちゃうしなー」



なにげなく、あきらさんが言いました。







え。
いま、なんて。
あきらさん、ちょっと。
わたし日ごろからネタばれは絶対にいやだと言っているのに。

なんてことを。
なんてことを!



あ「…エイプリルフールだよ」



なんてことを。
なんて地味な嘘を。


そう言えば、去年の彼女の嘘は、とても派手だった。もしかして、その反動かしら。



去年の4月1日は、職場の歓送迎会で、わたし夜遅くまで外にいました。
うちに帰ってみたら、不在着信が1件とメールが1通。

どちらも、あきらさんからでした。

ぽちぽちと、メールを開封。

***************

あのね、大事な相談というか報告があったから電話したんだけど、出なかったからメールで言うね。
実は前々からずっと考えてたんだけど、やっぱり私、男として圭さんと恋愛したいみたい。
ずっとレズビアンだと思ってたけど、最近になって、自分はFtMなんだって気づいた。
急にごめんね。
でももうはっきりわかっちゃったんだ。
職場の先輩の知り合いで、性別適合手術とかホルモン注射に詳しい先生がいるんだって。
大宮にクリニックがあるって聞いたから、来週から通ってみる。
ゆくゆくは胸と子宮も取ろうと思う。
圭さんに相談もしないでごめんね。
まだ付き合ってくれるなら、電話ください。


***************

なんと。
 
あきらさんは長いことわたしに言えずに悩んでいたのだわ。
わたし気づきもしなかったのだわ。

とてもとても胸を痛め、涙ながらに、
わたしはレズだが、あなたが男でもそばにいたいと、
いやあなたが男なら、あなたに恋するわたしはむしろレズではないと、
あなたの悩みに気づかずこれまで浮かれトンチキで悪かったと、
懸命に伝えましたところ。



「け、けけけけいさん、落ち着け、エイプリルフールだよ。あたしはただのドレズだよ。圭さんが本気にするとおもっていなくて。すぐ嘘だとわかるとおもってて。ごめん!」



大慌てのあきらさんのフォローに安心したあの日から、1年以上経ちました。

や、実はさ、当時このことをブログに書きかけたのよ。
下書きは保存してあったのよ。

しかし書きあげる前に月日は流れ、うーん、9月にエイプリルフールの話ってのもなあ、
とやっているうちに季節がひとめぐり。

晴れて4月にアップするにいたりました。今日はついたちではないけれども!



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

夢は花よめ空気よめ

こんばんは、圭です。

たまたま両親不在の夜、あきらさんから「今日は当直だよ」と連絡が入ったので。

ひとり台所でさくさく玉ねぎを切りながら、
「今日はあーきらさーんは当直ー だからわーたしひとーりでー夜ーごはーん♪」
熱唱しました。

あ、これ昨夜の話ね、昨夜の。

同棲のイメージトレーニングです。
ふたりでいっしょに暮らしてるんだけどー、
今日はあきらさんが当直勤務だからー、
わたしはひとりでごはんなのー。

みたいな。
 
ちなみにメロディは「水の証」



本題。

大学の友だち(♀)が結婚しました。
先輩(♂)と。
恋愛結婚。


先輩と。
恋愛結婚。



いーいーねーえ。

式はまだ先だけれども、招待してくれるといいます。わお。

わたし結婚披露宴に出席したことが一度もないの。
今からわくわくです。

というかね。

式に出たことがないだけでなく、
そもそも「近しい友だちの結婚」というイベントも人生初。

これまでだって、同窓会に行けば既婚者もいなくはなかったのだけれど、
まー在学中ほとんどことばを交わしたことのないひとだったし。

離婚したのだと、風のうわさに聞いた子もいたなあ。


そう、今回は初めて。
大学4年間、ともに飲み騒いだ仲間が結婚するなんて、初めて。

あいつが人妻かー。うわー。
おめでとう。しあわせにおなりなさい。



で。
ここからがかたぶつレズの出番です。

わたしは彼女に訊いてみたい。


「どうして結婚したの」

「あなたの考える結婚のメリットってなに」

「よし結婚しよう!とおもわせたものはなんだったの」


訊いてみたい聞いてみたい。

当然の権利、認められた権利として結婚という選択肢をもつ、異性愛者の彼女の口から。

その選択は、おつきあいの果てに目の前にあった終着点なのか、
それともえらびとった先へ続く道なのか。


わたしは漠然と「あきらさんと結婚したいなー」とおもっている。
その漠然とした「したいなー」を実現させたひとが、初めて目の前に現れた。
なにをおもって入籍したのか、せっかくだから教えてもらいたい。

と、おもいまして。

そしてちょこっと振り返るのです。
結婚したいなーと考えているわたし自身は、あきらさんとの関係になにを求めているのだろう?

法的保障? 安定? 認知? 祝福?

「やっぱり万が一のことを考えると、家族として法的に認められていたいよね」というのは、ひとつの建前です。

本音は、今のところ、これだけ。


あきらさんの空気でいたい。



あきらさんのとなりにはいつもわたしがいて、
それがあたりまえで、穏やかで、
だれに咎められることもなく、
彼女を全力で生かし、活力をからだじゅうにはこび、肺を心臓を満たす。

そんな嫁でいたいのです。
いたいのです。
痛い子です!



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

愛せない夜の愛すべきうた

こんばんは、圭です。

カレーパンのうたって、ご存じですか?

知らないひとは、これを見てね。




これをね。

むらむらっとしているけれども、生理中だからノータッチ。
という夜に、あきらさんが歌いおるのです。
 

あ、携帯電話から閲覧している方、ごめんなさい。
ググってください。
 
 


お圭さんー
お圭さんー

むいてむいてむいてー またしまうー

 

「むいてむいて」でリズミカルにわたしのセーターをまくり。

「またしまうー」と口ずさみながら、まくったセーターを元に戻しておなかをぽんぽん。



食べないよー 
食べないよー
なくならないようにー



動画とおなじように、笑顔でひじ杖ついて、顔を左右に振りながら歌うあきらさん。
わたくしは食べてもなくならないのですよ、カレーパンと違って。

とアピールしたい気もしつつ、まあ譲れないラインっちゅーもんはどこのカップルにもあるでしょう。

 
ちょーっといい雰囲気になりはしたけれど、
いかんいかん、今日はだめですよ、というときにふたりで歌おう!



食べないよー
食べないよー
むいてしまうだけー




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ