うさぎなんか呼んでも来ない

こんばんは、圭です。

1ヶ月以上あいだが空きました。
10年書いてきたこの媒体、いよいよわたしにもブログ離れの時が。
 
というわけではなくて、
例によって例にもれず、
「ほかにハマっていることがあるとブログが更新できない」現象が起こっています。
相変わらず、某MMOゲームにどっぷりとハマっておりますよ。

気まぐれに、ネット上に漂っている「依存症度の診断」を受けてみれば。
ほほほ、りっぱなゲーム依存症である。

でも。
これは、これだけはおろそかにしておりません、愛兎のむぎさんとの時間。
我が伴侶あきらさんとの時間はどうなのかと心配していただく声があれば、申告いたしましょう、ゲームは彼女もいっしょに以下略。
ああ、沼の深いこと深いこと。

さて。

ここのところ、だいぶ暑くなってきています。
我が家の長男、やはりうさぎのべえやんを亡くしたのは昨夏のことでした。
むぎさん、我が家ではじめての夏だね。
というか、我々人間にとっても、この家で迎えるはじめての夏。引っ越したからな。
 
 
Cooldown

家具の間に積極的に挟まりに行くむぎさん。
そこが涼しいのか、きみは。


むぎさん、むぎさん、こっちへおいで。


Back

背中を向けて知らん顔するむぎさん。
うさぎなんか呼んでも来ない。


かとおもえば。


Asleep 

あきらさんの脚に寄り添い、目を開けたまま寝ぼけるむぎさん。
伸びきった肢体を見て、あきらさんが、言いました。



あ「うさぎは、犬猫に比べて、人になつかないんだってよ」


あ「だってよ、むぎさん? 誰のことだろうね?」



はい! はい!
あきらさん、わたしも、わたしもうさぎです。干支が!
あんまり人になつかない自覚があります!



あ「ねー、むぎさん」

Game

あれ、おかしいな。
いっしょにゲームをやるバディも、わたしではなくてうさぎになっている気が。

うさぎなんか。
うさぎなんか。
呼ばなくても来る。
 
 
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

11年いる!

はじめての方はこちらからどうぞ →あきらとつきあうまで≪1≫

こんにちは、圭です。
ブログを書き始めてから、あきらさんとのおつきあい記念日である5月17日には、毎年更新をしていたのだけれど。
満11年を迎えた今年は、やらなかったね。

今月の上旬、あきらさんが深刻な顔をして言いました。



「17日は、ごめん、飲み会の幹事になっちゃった」



なんというしょんぼりした顔。そんな、いいのに。
お祝いごはんは翌日にしましょうよ。それで、ごちそうの記録も兼ねて、18日にブログ記事にするわ。





と言っていたものの、やあ、ゲームにハマりすぎてすっぽかしました。
カップルによっては家庭内紛争が巻き起こりかねない案件。申し訳もござりません。

しかしなあ、記念日の取り扱いもなあ。
結婚式を挙げたので、それはそれで結婚記念日ができたところ。
彼女は日付をおぼえるのが苦手だし、むやみに「記念日」でがんじからめにするつもりはないんだよなあ。


お祝いごはんは『きのう何食べた?』のクリスマス定番メニューより
5171

P5182475

ラザニヤにツナサラダ、明太子ディップ。
ブロッコリとあさりのペペロンは、小日向さんとジルベールも集まった4人クリスマスの会で出てきたものの真似っ子です。
写ってないけど、シロさんのサラダは前に作ったときも感動したっけ。「お砂糖をきかせるのがポイント」て、ほんとポイントです。うまうま。
レタスに大根、ほうれん草、にんじん、玉ねぎ、なす、セロリ、ブロッコリ。野菜もたくさん食べられて。



あ「ヘルシー…かな…?」



いや、そこは。
栄養価が高い。と言おう。

そうだ、「記念日」という甘いことばには、カロリーオーバーの言い訳として、今後もご活躍いただこう。
そしてわたしは、あきらさんのいる栄養価の高い生活を享受しよう。 
 
11年となりにいる!
この先もいましょう。いてください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

連休とTRP(大正浪漫プロパガンダ)

こんばんは、圭です。

いつの間にか大型連休が終わっていました。
連休中はどっぷりゲームをして、たっぷり本を読んで、行楽こそなかったけれど大充実。

ずいぶん前にツイッターで簡単な書評を見て、気になっていた本も、やっと読むことができました。
「いつか読もう」とチェックしたそのツイート、2016年のだったよ。

こちらです、須賀しのぶ『くれなゐの紐』

で、感想など。

結末は書きませんが、序盤のかなり重要なネタばれがあるので閲覧注意!

 

» 続きを読む

こんな夜こそさらざんまい

「なんちゃら最後の○○」という言い回しが世を席巻し、正直なところ食傷の4月末日。

こんな祭りには乗るものか、とおもっていたのだけれど、
本日ふたりとも出勤した我が家では「10連休ではないんだから、がんばったんだから、外食しようよ。すしだ、すし!」

外食で、すし。どう考えても祭りの夜ごはんでした。
わっしょーい!

あ、回るほうのすしね。



「なんちゃら最後の晩餐は、おすしだね」



あきらさん、満面の笑み。
そう言えば、おすしは久しぶりでした。

ここしばらく、外食はセーブぎみ。
たまに「行こうか」という話になっても、行き先は、わたしの生命の源、カレーに偏ることが多かったものね。

明日以降も変わりなく、だいじな存在だけれど
刺身を愛するあなたに、ここらで報いようではないか。

♪取り戻さなきゃ いけないものがある
 すし すし♪

さて、じぶんの年齢と平成の年数が同じで、数えやすかった時代に、さらば。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

「さらざんまい」はフジテレビの深夜帯で放送中のアニメ。
ウテナやユリ熊嵐のおかげで、百合好き界隈にも名の知れていると思しき監督の作品です。
緊張感はないけど目が離せない。百合ではないです、念のため。

陳腐だが最新の百合

文芸誌「すばる」の今年2月号・3月号に
前編・後編に分かれて「女性同士の恋愛」をテーマにした小説が掲載された。

…らしいことはツイッターで見知っていたんですが、やっと読めました。

題は「生のみ生のままで」(きのみきのままで)
作者は綿矢りさ。
十ン年前に、芥川賞を
・史上最年少で
・女性がダブル受賞
ってんで、『蛇にピアス』の金原ひとみとともに話題になった、あの方ですね。
 
で。
以下、感想文。
結末ははっきり書きませんが、ネタばれありまくりにつき、単行本化を楽しみに待つ方は閲覧注意!
 
  

» 続きを読む

連休中は異世界へ

連休初日。
あきらさんが、タイ南部発祥のマッサマンカレーを食べようと言ってくれました。

今年の4月はなにかと疲れが溜まりまくりなわたくしのため、何年か前のアメリカの情報サイトで「世界でいちばんおいしい料理」認定をされたと噂のマッサマンカレーさまを。
いやさ、4月の残業時間、去年の4倍だもんよ。
どうなってんの我が社。だいじょうぶか弊社。

カレーに合わせて、彼女はナンを焼いてくれました。
わあいわあい、うまいうまい、とたちまち完食。

「写真を撮らずに食べちゃったから、これはブログのネタにはならないかな」

しょんぼりと、彼女は言います。

が。
いやいや、なりますって。
写真がなくとも、我々がカレーをおいしくいただいたという事実は消えるものではない。
もっと言えば、例え事実がなくても、妄想の世界をたのしくブログに書くことだってできるのよ?
ネタにならないだなんて、そんな。

と、力説したのが昨夜のこと。

でもさ。
カレー、1回作ったら翌日も食べるよね。
というわけで、本日のブランチ。
 
Curry
 
サラダにかけるドレッシングは、にんじんまる1本をすりおろして作ったやつ。
パンは、今日はナンではなくて丸パン。あきらさんお手製です。

Roll
 
うーん、異国の味!

食後は食後で、澤西祐典の幻想小説『フラミンゴの村』に耽溺。
ベルギーの片田舎で「女性がフラミンゴに変身してしまった」混乱と戸惑いをかかえる村の物語です。

そう、ツイッターでもちょっと書いたのだけれど、この方の作品『文字の消息』がすばらしくてね。
読みながら、霧の中を散歩しているきぶん。
ほんのり薄青く空気がけぶって、指先や髪がしっとり濡れて、静かな露草のにおいがして。
ぶきみなんだけれど、心穏やかな、そういう時間に満ち足りる。
あまりに中毒性が高くて、流れるように手をつけたのが彼のデビュー作『フラミンゴの村』でありました。

あきらさんのほうも、リリースされたばかりのソシャゲでファンタジー世界に飛び、かとおもえば、あ、ドラクエやってる。


旅行の予定はないけれど、存分に異世界で遊べそうです。


我が家はとりあえず明日までの三連休。
でも、ちゃんと後半もお休みがあるからね。
上々の滑り出しです、ゴールデンウィーク。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

同性パートナーシップの波

我々カップルの住む栃木県内にも、同性パートナーシップ制度を導入すると表明する市が現れました。
さすが栃木、内陸県。波の到来はやや遅め。

さて、表明したのは鹿沼(かぬま)市。
県庁所在地である宇都宮市のとなりです。

市長の会見を、ニュースで見ました。

「すべての市民の人権が尊重される明るい社会と、多様性を認め合うことのできる優しい街の実現を目指して」導入するんですって。
渋谷区でなんぞ始まるぞ…!となったときほどの話題性はないものの、栃木県内では、はじめてです。

さて、制度の名称は「鹿沼市パートナーシップ宣誓制度」
お、冠に「同性」がついていないぞ。とおもったけれど、事実婚の異性愛カップルは対象ではない様子。
ま、異性愛カップルには「未届けの夫婦」的な取り扱いがありますものね。そっちでカバーできるということなのでしょうか。

同性カップルが、この制度にのっとってパートナーシップを宣誓すれば、市営住宅や市営墓地の申し込みにあたって、異性愛者の夫婦と同じ扱いを受けられるということで、うーん、市営墓地と来たかあ。市町村らしくって、いいね、わたしそういうの好きよ。

しかし「パートナー」の要件として「同居」を掲げていたりして、「いまは別々に暮らしているけど、これから市営住宅で同居したい」なんてのは、まさか対象になるのよね?
実際に宣誓するカップルが現れるかわからないなか、鹿沼市はどこまで本気で要綱を詰めるのか。
ちょっと楽しみです。

後出しじゃんけんでかまわないから、先行事例を勉強した自治体が、すこしずつ良いものを生んでいけたらいいですなあ。


ところで。
話はぜんぜん違うんだけれど。

記事に画像を貼っていない場合、行頭にでかでかと「No Image」て表示するの、やめてくれないかな。改悪よね、これ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

天使、DIYに萌える

春はにがてなわたくしですが、ある年、我が伴侶あきらさんに言われました。



「春は、あたしの誕生日があるのに?」



そ、それは。
あなたの誕生日を祝うのは、楽しいの。
毎年かならず何かやらかして、スマートに祝えてないけど。ちゃんと楽しんでいるんですのよ! 血涙!

今年は、彼女の希望にそってチョコレートケーキを焼きました。
つきあって初めてのバレンタインに、炊飯器で焼いたケーキの再来。



「圭さんもいっしょに食べよう」



あなたのために焼いたのに。
ちゃっかりお相伴。

そしてプレゼントも。



「冷蔵庫と流しのあいだに隙間収納を作るから、木材がほしい」



それでいいのかいな。
やっぱりちゃっかり、わたしも助かっちまうのだが。



「圭さんも助かるんだったら、なおさら作りたい。で、あたしのやりたいことをやるんだから、ちゃんとプレゼントになってるよ」



天使。

かくしてホームセンターで誕生日デートをかまし、その翌日。
仕事から帰ったわたしを迎えたのは、おい、ちょっと待て、これ1日で作ったの?


Stocker


棚、できてました。
キャスター付きで、たっぷり足元まで物がしまえます。なんて機能的なんだ。

あきらさんの創作・製作意欲は、いま爛漫。
なるほど、春はわるくない季節。かもしれないね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

セトウチ新婚旅行4 明るし倉敷

こんばんは、圭です。

「月曜日め、来るなら来い」

ブログでけんかを売った結果、我が伴侶あきらさんが、週はじめの爆弾低気圧に屈しました。
ご、ごめんね? なにか、なにか彼女の元気が出るようなことをしなくては。

で、新婚旅行記のつづきを書こうと、おもいついたわけです。

はじめから読む方はこちら

セトウチ新婚旅行1


2日めの午後は、倉敷へ。
白壁の土蔵がならび「美観地区」と呼ばれる観光エリアですね。
我らが地元たる栃木市にも、柳しだれる小江戸エリアはあるけれど、あれは観光地というより、もっと日常風景。
倉敷のほうは「ここだけ切り取って保全しました」という、ある種テーマパーク的な趣があって、飲食店や土産物の質量ともに栃木市の比ではありません。

チーズドッグがうまい
Cheesedog


蔦の這うレトロ喫茶
Kissa 


大原邸
Ohara2


冬枯れ
Kurashiki


うろうろ散歩をしていたら。



あ「圭さん、あれ、見て、トルコだ」



なんと。
ほんとうだ、トルコ雑貨のお店がある。Merhaba!

ふたりでトルコに行ったのは、5年ちかく前のことなのだけれど、以来すっかりトルコかぶれな我々カップル。
下調べを念入りにするでもなく倉敷へ来たこと、正しかったと胸を張ってしまおう。
予想もしなかったところで、憧れの国に出会えたこの喜び。

トルコ土産のド定番、邪なる視線から身を守ってくれる、お守りのストラップを買いました。
本場でも買ったんだけど、追加、追加。
お値段20万円近くする重厚な絨毯は、いつか買えたらいいな。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

続き →  5

前へ → 3 老いに触れて

春は馬車道に沿って

こんばんは、圭です。

週末は、あきらさんと春のお出かけ。
横浜まで足を伸ばして、ネバヤさんユキちゃんカップル宅におじゃましました。
 
本棚からは百合まんが、冷蔵庫からは酒、つまみ。
どんどん出して、積みあげるおふたり。
菓子と部屋着が出そろって、宴です。


「遠慮なんかしたら、帰ってもらうよ!」



と温かいおことばをいただいて、小学生のように食べ散らかすレズふたり。
わーい、炊き込みごはん滋味! しうまい、ほかほか。
え、チーズの燻製? いいんですか、こんなに?

そして、家主をソファに追いやり、ベッドを占拠して勝手に寝落ち。
朝は、解除し忘れた平日仕様の目覚まし時計で、ネバヤさんの安眠をけたたましく妨害。



「…いつも、こんなに早く起きてるの…?」



土下座。

かやうな我々に呆れることなく、お犬さまのさんぽに連れて行ってくれたり、おいしいパン屋を紹介してくれたりと、おふたりは目いっぱい遊んでくださいました。いつもありがとう!

まどろみながら帰りの電車は北上、目を覚ませば、満開とは言いがたいけれど、まだまだ白く咲き誇る桜。
横浜は、もう葉桜だったね。
数時間の旅で、季節を一歩、先取りして戻ってきたね。

で、ゆるりとお昼寝。

Nap-2

ひとさまの犬猫と接触してきたからなのか、我が家の愛兎は、ふだんに輪をかけて甘えまくりでございます。

かくて、養う活力。
月曜日め、来るなら来いってんだ。
 
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

«きのうドラマ見た?