勇者を誑かす方法

こんばんは、圭です。

おとといの記事を、我が彼女あきらさんに見咎められました。



「『嘘の火花』の歌詞が引いてある意図はなに。あたしはだいじにされているつもりだったんだけど、圭さんとしては、だいじにできていないってこと?」



「一番大切なもの」はあなただと
こちらがなにも言わぬうちに理解していてくれて、いやあ、どうも、ありがとう、ありがとう。
 
じゃなくて!
 
あとあと読み返したときに
彼女を不安にさせるわけにはいきませんから

註釈記事を書いておきましょう。


歌詞を引いたのは
かの歌を主題歌としたアニメ「クズの本懐」が
百合だったからです。

そして、主人公である女の子が
「花火」という名前だったからです。

それだけです。


とは言え
彼女の指摘が
まるっきり的はずれというわけでもなく

彼女を
うまいことたいせつにできていると
そういう自信は、まあ、なかなか持てるものではありません。

ああ、彼女のおべんとう用に水出し麦茶を作ってから寝ればよかった。
『ダンジョン飯』の5巻、帰りしなに買ってきてあげればよかった。
 
焦燥の経糸を、後悔の緯糸がくぐって
トントンカラリ、トンカラリ。


ドラクエ11を夢中でプレイする彼女は
天の川よろしく広がった座布団の向こう岸にいるけれど

忘れたもうな、杼は舟形。
七夕を待たずとも、わたしは川を渡れるよ。

さあ、大逆転裁判2をやりましょう。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

打上花火は下から見ません

こんばんは、圭です。

今日は宇都宮花火大会の開催日です。

何年か前に、観に行こうとしたけれど
街中から会場までは、ほぼ一本道で。
たちまち渋滞に巻き込まれ、途中でリタイア。

会場から離れる車線はがらがらに空いていて
まるで早く現地入りしたおかげで
早く帰って来られた上級者のように、
軽快に帰宅した思い出ばかりが残ります。
以来、無縁。

しかし
さきほど
花火の上がる音があまりに近く聞こえるので
あきらさんが言いました。



「もしかして、うちの窓から見えるんじゃない?」



カーテンを開けてベランダに出てみれば。
お、おおお。なんか、見える、見えるぞ。

低く上がった小粒の花火が
遠く垂れこめた雲を染めています。

せっせとカメラを向けていたあきらさんは
デジタルの画面いっぱいに煙った朱色を指して
「どうしても山火事みたいになっちゃう」と笑いました。

でも、ちょっとばかし高さのある大輪は
ほら、ほら、ちゃんと観覧車のような花火の姿をしている。

5年住んでいるのに、気づかなかったね。
ここから、見えるんだね。



一番大切なものを 一番大切にしたい

そんな単純なことが 今は一番出来ない

 


これは、「嘘の火花」。



あ「車で行くと、渋滞につかまっちゃうからさあ、自転車で行くのが、きっといちばん賢いよね」

市街地からだと、距離は10km超といったところか。
お盆の湿気。夕涼み。10km超のバイクライド。
青春のにおいがぷんぷんするね。



パッと光って 咲いた 花火を見ていた
きっとまだ終わらない夏だ




これは、「打上花火」。


ふたりで、くもり空に透ける花火を見る。
横から見るってことで、いいんじゃないかな。

明日は、あきらさんと東北へ足を伸ばします。
移動の車内では、さて、異議あり!と叫ぼうか、過ぎ去りし時を求めようか。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

あなたの百合はどこから?

今日の朝の「プリキュア」が
ずいぶんと話題になっていたようじゃない?

わたしは視聴していないのだけれど、
ツイッターがにぎやかで。

「あれはキスしてる」

「告白キタ!」

「完全にカップル」

と、各方面をざわつかせる女の子たち、
あきらさんとゆかりさん。というのですね。

ツイッター上での情報にとどまるけれど
調べてみると、なるほど、なるほど。

後年、「わたしはプリキュアアラモードに人生を狂わされた」と発言する女性がきっと出てくるだろうと、我が彼女とうなずき合ったところです。

「狂直」の「狂」、「酔狂」の「狂」。
良いではないですか、いらっしゃいませ。


ところで。
我が家にも、あきらさんがいますが。

彼女は、大盛り上がりのツイッターに
目を通したあと、言いました。



「いいなあ、わたしも『あきらさん』みたいになろう」



もしもし? どういうこと?



「女の子の涙を指でぬぐう女になる」



えええ? 待って、まって。
友だちや後輩に対してやさしくあるのは大いに結構です、あなたは包容力もあるし、ひとの悲しみに寄り添うこともできるひとです、でも、いま、違ったよね? そういう人間的な美徳の話では、なかったよね?



「…圭さんの涙を指でぬぐう女になる」



言いなおした。しかし不本意そうだ。



「ほら、ぬぐってやるから、泣け」



そしてこの無茶ぶり。
泣けと言われてぽいぽい泣けるものか。

あきらさんは、大仰なため息をひとつつきました。



「あーあ、うちのゆかりはダメだな!」



ぬるま湯につかって
白くふやけて

それでも

あなたの気もちを
試したり弄んだりは
しないゆかりなので
涙をながしたときは
ひとつよろしくお願いします。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

わたしの百合はナウ●カから。

みおくりたい背中

いつも読んでいるブログがあって
ある日とつぜん記事が途切れたとき

なにかあったのか。

と、咄嗟に勝手に勘繰ることをやめたい。

じぶんがマイペースに更新をするものだから、
ひともそれぞれの自由に更新しているのだと、
当然そう信じている人間である。かのようにふるまいたい。

んだけれど、できていないんだよなあ。


で、あとあと途切れた理由が明かされていくとき

そんなことがあったんだ。

と、勝手にずっぷり納得・満足することをやめたい。

んだけれど、「やめてほしい」わけではないのよね、ふしぎ。



我が彼女が、調子をくずして
仕事をやめ、薬をのみ、
転職し、そしていちどは薬と縁が切れたあと
のことは、書いてきませんでしたが。
 
彼女は、ふたたび薬袋のお世話になりながら、
もういちど転職します。

出勤日を前に、あきらさんが言いました。



「圭さんは、射手座だったね」



射手座は、今年
「背負ってきたものをリリースする」のだと説く
占いがあったそうです。

これまでめんどうをみてきたものを
「よし、後はじぶんでやって」と手放していくのだとか。



「あたし圭さんに捨てられるのかな?」



寝言は、寝て言え。

しかし
我々は
幸福な洞窟にただ寄り添う貉ではないのでしょう。

あなたの世界の宏さをも
愛してやまないわたしは

明日の朝、あなたの手を放すでしょう。

そして夕方、新しい職場から帰宅するあなたを
穏やかに迎えましょう。

息を吐ききったとき
しぜんに深く肺がふくらむように
穏やかに。

再就職、おめでとう。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

暗いと不平を言うよりも

こんばんは、圭です。

誕生日でも
記念日でも
バレンタインでも
クリスマスでも

なんでもない日、ばんざい。

そう言って
思いつきで贈り物をするのは
我が彼女あきらさんの性格・性質ですが。

彼女は、その思いつきの贈り物を
「欲しかったもの」にぴたりとぶち当ててくる、そんな特技をお持ちです。
魔法を使えるのだと、本人は言っています。


本日まっぴるま。
半裸で机に向かっていたところ、インターホンが鳴りました。
アマゾンから着払いでお届けもの。

彼女だ。
また、やりおった。



あ「圭さんに、プレゼントだよ」



我が家に、卓上電気スタンドがやってきました。

四半世紀前から使ってきたわたしの勉強用スタンドは
接触不良で点いたり点かなかったりする期間を経てのち、
長年の酷使にとうとう音を上げ、2週間前に沈黙したばかり。

ありがたい限りです。

しかも、照明の色が切り替えられるというんですな。

勉強青みがかった白色と、
読書に便利な白熱電灯ふうの白色と。

使いごこちは上々。

先代と同じくらい長持ちさせるとすると、
ああ、そのころわたしは定年までのカウントダウンをしているのでしょう。

生涯学習の友をありがとう、あきらさん。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

復帰するつもりだったのですが

こんにちは、圭です。

今年に入ってからほとんどブログを更新していません。
理由は、前の記事にもったいぶって書いたとおりで。

「やりたいことがあるから、ブログの優先順位が下がってる」



さて。
やりたいこととはなんだったかと言えば、勉強でした。
3月までは、語学試験。
4月以降は、漢字検定。

クイズ番組でもときたま取り上げられる、漢検1級をね。
学生のときに受けて、落ちて、それっきりだったのでね。

試験日は今日でした。


試験が終わったら、結果はさておき、
いったん漢字漬けの日々とはさよならして
ブログもまたちょくちょく書いたりしようかと
まあそういう予定だったのですが。

帰って自己採点してみれば、どうも合格点まであと1点だった気配。
これはちょっと、心の整理がつかないぞ。

というわけで、勉強を続けることにしました。


この2ヶ月半は、仕事から帰ると辞書やノートをひらき、
日付が変わるころに風呂に入って、また小1時間かりかり。

食事のしたくも、お風呂を沸かすのも、
家のことは、我が彼女あきらさんがやってくれました。



「圭さんの勉強バカなところ、好きだよ」



と言って、自由にのめり込ませてくれた。
感謝しきりです。

彼女はいつでも、いっしょ懸命に支えてくれるひとだけれど
そしてわたしはいつでも、それに甘えてきたのだけれど

今回ほどの「お任せ」状態はさすがにアレなので、
勉強は続けつつ、家のこともやって、となると。

おや、またブログを書く時間が。


復帰するつもりだったのですが、もうしばらく沈下します。
尺璧非宝。では、また。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

9年経ちました

はじめての方はこちらからどうぞ →あきらとつきあうまで≪1≫


こんばんは、圭です。

更新するのは久しぶり、実に1ヶ月半ぶりです。
沈黙期間が明けると毎度まぶしい、
ブログ村の顔ぶれの入れ替わりよ。

長く書いているなじみの方を見かけると、
なんだろう、このなつかしい感じ、戦友かな。

書き始めた時期だけ見れば
わたしも「長く書いている」ほうなのよね。割とね。

我々カップル、本日でおつきあい9周年となりました。


 
「夕飯は、なにが食べたい? 作ってあげよう」



と、あきらさんが言ってくれたので、ポークステーキをリクエスト。
そうしたら、まさか、国産の豚肉が食卓にのぼるなんて!
ウマイ! ウマイ! うちの彼女、まじ料理うまい。
   
食後には、ケーキではなくワッフルを買って。
三角形のワッフルの、斜辺を天井に向けてささげ持ち、ほら、グラスのように、乾杯。

この代えがたき時間を抱いて
10年め、ぼちぼちいきましょう。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

定期報告2017

はじめての方はこちらからどうぞ → あきらとつきあうまで≪1≫


こんばんは、圭です。
1ヶ月以上更新しないでいると、ブログのトップに広告が表示されるのでした。

これが嫌で、広告を消すためだけに更新するというのは、過去に何度かあったものです。

今回も、最後に記事を書いてひと月が経過した2月の初め
広告を抹消するために、更新をしようとおもったのだけれど。
書かずじまい。

また書き始めるには
毎年必ず更新している4月1日をきっかけとしよう、そうしよう。

とも考えていましたが。

今日を契機にまた書き始めるのではなく
今日だけ更新して、またしばらく沈黙しようとおもいます。

書かない理由はかんたんで
今は、ほかのことに時間をつかいたいから。

書きたいことはあるのだけれど、
ネタ帳はどんどんぶあつくなっていくのだけれど、
それを「ひとに見せてもよい」と
おもえる文章にまとめるまでに
わたしが必要とする時間はあまりにも長く、人生はあまりにも短い。

   
さて、昨年度は、なにがあったかな。
我がブログ恒例、振り返り記事です。


…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…

2016年4月

○あきらさん、模様替えに凝る。
 
レズカップル友だちと花見酒。

○あきらさんが染髪。頭頂部は金色、前髪は焦げ茶って、これ、脳●ネウロ?

あきらさんのご家族とお誕生日ランチ

○あきらさんと5年ぶりにディズニーシーへ。
 
○1泊2日の浅草旅行。おのぼりさん。

落語を聞きに行った横浜で、ネバユキさんちに乱入


5月

あきらさん、九州にひとり旅


6月

2.5次元の世界へ、ダンガンロンパの舞台鑑賞。


7月

あきらさん転職。事務仕事をゆるりと始めました。
 
○ポケモンGO大流行。彼女も熱狂
 
○今度は「シン・ゴジラ」大流行。映画館に3回も行きました。


8月
 
○夏コミで汗だくになったその足で、納涼寄席へ。
 
○2.5次元に再び呼ばれ、歌謡倶楽部艶漢を鑑賞。
 
ウエディングイベントに参加。差別された気はしなかったよ。
 
○CMでも話題だったドラクエライブスペクタクルツアーにレズパーティで出動。

 
9月

○あきらさん、精神科を卒業。まったりリハビリの日々です。

 
10月

○圭、コンタクトレンズの装着練習で毎日なみだ目。友だちの結婚式に出たのでした。

ヨコさん・あおさんカップルと日本料理ほろ酔い

○愛兎のべえやん、我が家に来て5年に。ほんのり老いてきたなあ。
 

11月

○レズカップル友だちと、もつ鍋ウェーイ。

 
12月

トルコ旅行記が2年越しで書き上がる。長かった。
 
○圭、29歳になる。誕生日には、「コートをいっしょに探す時間」をもらいました。
 
○クリスマスにオタクごころに刺さる腕時計をもらう。こちらからは、ジブリの画集を贈りました。
 
○2泊3日の熊本旅行。また旅行記が止まっています。

 
2017年1月

○あきらさんの友人から、ヨーグルトメーカーをいただく。しあわせ。

○ブログ放置の日々。生きてます。


3月

○高校卒業10周年の同窓会に、彼女とそろって参加。出会ってから、もうそんなに。


…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…

年の前半に起こったことだから
なんだかとっても記憶が遠いのだけれど

この1年で大きかったのは、彼女が転職したことです。

前の仕事を辞めたあと、こんなに早く復調するとは
正直なところ予期していなかったので、ありがたい限り。

よくがんばりました。
と彼女には言いたいし
治療において、先生との相性てだいじだなあ、と感じた次第。


わたしのほうは、中だるみ。
ひたすらに、だらだらしていた1年でした。

仕事も、2015年の関東・東北豪雨のせいで
事務所が食らったダメージからどうやらこうやら立ち直ってくると、
あれ、あれれ? という間に日が経ってゆき、気づけばめぐりくる新年度。

キリのいいこういう日に切り替えないと、この瘴気、引きずるよな。
春の生気はとてもにがてですが、奮って迎え撃とうとおもいます。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

そして9年記念日へ

日常における重罪

こんばんは、圭です。

我が彼女あきらさんの友人Kさんが
ヨーグルトメーカーを送ってくれました。

あきらさんが仕事を辞めたあと
慰労の品としてなにか送ろうと
提案してくだすっていたようです。

「遅くなってごめん」の手紙とともに
舞い込んだ新年の賀び。
チーズも作れるってよ。



で。
あきらさん、あきらさん、
わたしが乳製品大好物だってこと
とりわけヨーグルトが好きだってこと


Kさんは、知っていて送ってくれたのかな。
知らずに送ってくれて、大当たりなのかな。


訊きながら、おや?
わたし、つい最近、
まったく同じことをあなたに訊いたよね?

そう、クリスマスプレゼントだ。
まえまえから欲しくて、
ひそかに買おうとおもっていたものを
あなた、贈ってくれたでしょう。

あきらさんの返事は、またしても。
「Kさんも、魔法がつかえるからね」でした。


え、Kさんとあきらさんが
同じ学校を出たことは知っていたけれど、
その学校てまさか、ホ(規制)



あ「Kさんもあたしも、ハッフルパ(規制)ぽいよね」



同意します。


というのが、昨日の話で。


※内容の割に長いです。

» 続きを読む

熊本の手引き vol.1

こんばんは、圭です。

「今日は熊本旅行の記事を書きます」と
夕飯の鱈ちりをつつきながら宣言したところ、
我が彼女あきらさんから。



「さあて、ほんとに書けるかなー」

と、「書けないに賭ける」かのような所感をちょうだいしました。
きのう記事を仕上げずに
寝落ちしたことを根にもっているご様子。

たのしみにしてくれていたんだよね、すまぬ。


※熊本旅行の記事は日記100%、レズ臭ひかえめです。

» 続きを読む

«熊本の手引き vol.0

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

  • にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

twitter

無料ブログはココログ