今日も百合が尊い

こんばんは、圭です。

わたくし、テレビはドラマよりアニメを好んで消費します。

ドラマのほうは、
ひろみちこが百合だと騒いで「ドクターX」を見たり、
すずまきが百合だと騒いで「カルテット」を見たり、
結末はともかく女性同士のカップルがすこし取り上げられる「偽装の夫婦」をちらちら見たり、まあそういうことが時たまありますけれども、基本的にはほとんどスルー。

今期は、瀬戸康史の女装めあてで「海月姫」を見るほかは、やはりスルー。

一方、我が彼女あきらさんは、医療ドラマがお好きなので、法医解剖医が主人公の「アンナチュラル」を選択したようです。

主演の石原さとみにさしたる興味がなくて見ておらなんだが、彼女の肩越しにふと画面を見やれば、あれあれ、市川実日子!
出演作を毎度追っているわけではないけれど、わたし、実日子さんの演技好きなのよ。出てたのね?



あ「レギュラーだよ」



え、待って。
石原さとみと市川実日子、「シン・ゴジラ」のパタ子×ヒロミではないか。
あれはいい百合、好きな百合。
オーマイガッズィーラ、早く言って。

以来、ふたりで見ておるのだが。


Iiii


いい…

期待どおり、猛烈に、百合。

役どころは解剖医と臨床検査技師、ドラマ公式サイトの人物相関図を見てください、もうすでに「良きパートナー」と書いてある。

良き。パートナー。ふふふ。


そして記念すべき第6話、放送タイトルは「友達じゃない」である。きたきたきた。
友だちじゃないって、あれじゃろ、石原さとみと市川実日子は、だいじょうぶ、言わなくていい、わかってるから。

さとみはじぶんのことをあんまり話さない、
なに考えてるかわからないと言う実日子。


「まあいいけど。べつにうちら、友だちじゃないし」

「ただの同僚だし」


ほんのり拗ねたような、でも、気心が知れているこの感じ。
さとみが職場の男性のプライベートに立ち入るのを「あんな男がタイプだとおもわなかった」とちくちく突ついたり、
さとみが意識不明の男性に人工呼吸をしようとするのを遮ったり、(いや、これ、医療行為だからね!)、
実日子、かわいすぎる。

それでも「永年のお友だちのようで、仲がいいですね」と傍から言われれば、

「友だちじゃありません、ただの同僚です」

なんだよねえ。最高。

「ただの同僚です」と言ったあとで、見つめ合い、吹き出し、ぶったたき合う。

繰り返す、最高。


石原さとみ演じる「ミコト」、市川実日子演じる「東海林夕子」、CPは「ミコ夕」派。
ふたりがそのふたりだけの距離感を演出している限り、わたしはそれを百合と呼ぼう。
絆と軛はおなじものだと、おもっているよ。


6話視聴直後の我々カップル
Aaka


今日もミコ夕が尊い。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

ひとつの行事で二度おいしい

こんばんは、圭です。

バレンタインデーが過ぎました。
今年は、彼女に、ピエール・マルコリーニのチョコレート詰め合わせをプレゼント。
13日に買ったので、当日まで待たずに、渡してしまおう。

すこし前にNHK「グレーテルのかまど」で、マルコリーニ氏が特集されているのを見たから。
かの有名なショコラティエの姿勢、カカオ豆を作る農園に払う敬意、チョコレートにかける情熱、絶えた技術を復活させる行動力などなどに、我が彼女あきらさんが、えらく感銘を受けていたから。
適時打をね、ここらで打っておこうという企画です。



「これが、豆から厳選された、至高のチョコレート…!!」



彼女は、うやうやしく食べてくれました。



「ねえ、パッケージがタツノオトシゴだけど、あたしが辰年だからかな? ありがとうね!」



あ、それは、すみません、共通仕様です。
タツノオトシゴ、ベルギーでは、愛と幸せの象徴だそうです。


そして、今日。
仕事を終えてわたしが帰宅しますと、彼女が玄関で待っていました。
箱を持っています。なにやらかわいいラッピングがしてあります。

え、ホワイトデー、もう来た?

 
Box


Chocolate


箱を開けてみたら、手作りのトリュフがたくさん!
あ、なんかパンダ柄のやつがいる。

あきらさんをパンダに似ていると突つきまわした結果がこれか。
かわいい、かわいいぞ、うちの彼女。



「圭さんは、フライングでチョコレートくれたから。あたしは、遅れてあげてもいいかなって」



理由などなくても。
行事などなくても。

いつでもあふれるような愛をくれているのですよ、あなたは。
遅れるもなにも、あるだろうか、いや、ない。

味は申し分なくて、うんうん、この苦さ、この甘み、このまろやかさ。
溶けきらなかったとあなたが言うチョコのつぶは、チョコチップみたいじゃないの。歯ざわりにアクセントがあって、いい感じよ。

ところで、どこかで似たような話を読んだので書くのだけれど、
チョコ菓子のおともに淹れる紅茶、我が家は。

ひとつのティーバッグで、ふたりぶんです。

まずわたしのカップで濃い紅茶がつくられ、彼女は出がらしを飲みます。
薄いのが好きなんですって。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

豆を撒くとお部屋がこうなる

こんばんは、圭です。

スマホゲーの新章開幕、せっせとプレイしていたらブログの更新が滞りました。
クルイサ、狂い死にしそう。
 
寒いというのも、毎年ながらブログを遠ざける要因のひとつだったりします。
動くのがしんどいのですな。こたつこそ全宇宙です。家事もさぼりがち。
いやさ、食器棚のガラス扉が結露し、暖房で溶け、夜を越えて再び凍るとか、なんなんだろうね、ほんと。室内だぞ。
 
巷では、インフルエンザも流行しているとか。
これだけ気温が低くて、乾燥していれば、無理もなや。
 
幸い、我が家はふたりとも未発症です。
主治医に「脆弱」と太鼓判をおされた我が彼女あきらさんも、今冬は風邪すらひいていません。前代未聞である。
これは、正月、七草、鏡開きと、季節の行事をこなしながら健康祈念しているおかげに違いないと八百万の神々に感謝して、節分も、きっちりやりましょう。あきらさんが豆を煎ってくれました。

撒いた豆を踏んづけて転ぶまえに、
あ、久しぶりにきちんと掃除ができた。
家事の気力が、すこし湧いた。

季節の行事さまさまです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

ふたりの仲まで低温注意報

こんばんは、圭です。

大雪で仕事から帰れませんでした、月曜日。
自宅に戻ったのは、日付が変わってから、何時間後?
え、待って、ほんとうに、何時間後だ? 絶望。

火曜日には、あきらさんとふたり、雪かきに精を出しました。
30cm近く積もったので、凍る前にかかないと地獄を見るのです。

風呂桶にたっぷり10杯ぶん以上は、かいたんじゃないかな。
重労働。暑い。汗が冷えて、背中が悲惨なことになりました。

雪かきを終えれば疲労鬱積、食事のしたくもせずに寝落ちたわたくし。
そうしたら。

ん? なんだか顔がひんやり気もちいい。

あ、あきらさんが。
ふきとりシートでわたしの化粧を落としてくれている、だと!

夢うつつに
化粧水をじっくり
美容液をしっとり
塗り込まれているのがわかります。

あ、ありがたすやあ( ˘ω˘)

再び眠りの世界に沈んだわたしを浮揚させるのは、
やっぱり彼女の手料理なのでした。

具だくさんの関東風雑煮をベースにした、力うどん。あったまる。
食後には、アルミホイルで包んでストーブで焼いた、さつまいもがつきました。
これまたあったまる。手に持っているだけでホッカイロですね。


朝の外気はマイナス8度。明日はきっと、水道管が凍るだろう。
ヒーターの温度表示板は、「低すぎて計測できません」と言っている。

心だけでも、あたたかに過ごせるようにしてくれる、ありがたき我が彼女。
ほら、今しも彼女がE.T.のように、そっと指を伸ばしてきます。
きゅっと握って、触れ合う指さき。



「あーあ、『いっしょに寝たくない子、この指とまれ』だったのに、止まっちゃったね?」



ここにも来ていた低音注意報。
なんというデレツン!


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

10年前の分かれ道

こんばんは、圭です。

ダイエットを始めました。
とは新年の記事に書いたことだけれど、やっているのは摂取カロリーのゆるい管理と、かるい筋トレ、かるいジョギング。

高カロリーの食いものであろうとも、食べたくなったらがまんしない。
頻度の問題なんだ!

というわけで、よく行くこってりラーメン屋へ。
ツイッターでときどき限定メニューの告知がされるんですが、これがね、もうね。

「ひつまぶし仕立てのうなぎまぜそば」

麵の上にはうなぎがどっさり、
白髪ねぎと糸とうがらしが山盛り、
山椒にわさびも添えられて。

ごくり。



「歩いて行けば、さらに運動になるよ」



という彼女のことばは、天使のひらめきか、悪魔のささやきか。

我々の自宅からは、うーん、この距離を歩いて行くひとは、あんまりいないだろうな。
すこしは脂肪も燃えるでしょうってんで、行っちまいました。


ラーメン屋は、陽東豚骨 YOTON。
凝りまくった濃厚な味が苦手なひとには勧めないが、
ラーメン好きで未踏のひとは、ぜひ行ってほしい。

しっとり鶏チャーシュー、ほんのり辛みそ、
無料でいただける辛子高菜や柚子胡椒、
鮭とバターの追い飯、背脂がゴロゴロ入ったまぜそば。
月ごとに味の変わる替え玉も、だいすき。中毒です。


これはアナンダマイドなんだろうか、脳内麻薬の多幸感に包まれて、帰りももちろん徒歩です。
よし、夕飯のボリュームをおさえつつ、野菜を多めにとれば、とんとんかな。
 
ところが。



「なんか、甘いもの食べたくならない?」



おかしいな、うちの彼女、傾世元禳を持ってましたっけ。
誘惑の術、使えるんでしたっけ。



「あ、でも、そうだよね、ダイエット中だもんね」



押したら、引く。テクニシャンだなあ。

なんか、デザートに走ってもいいかも、という気もちが、うっすら湧いてきた。
このあとの我々、速足で自宅をめざしつつ、互いを牽制しまくります。
 
どっちだ、どっちが決めるんだ。
だれが、「今日は甘いもの食べちゃおうよ」と言うんだ。



「パフェとか、いいよねえ」

「いや、でも、お昼にラーメン食べたし」

「でも、毎日ラーメンってわけではないし。こういう日があっても」

「ラーメンを食べたぶん、パフェをがまんしてこそダイエットは続くのだ」

「食べたいものを食べて得る満足感も、だいじだよね」



さんざんやり合ったあとで、ふと、彼女が言いました。



「圭さんと、つきあおうって決めたとき。みたいだね」



ああ。
「友だち」から「彼女」へ、踏み込むのはどっちだ。
だれが告白するんだ。 そもそも、踏み込まないのか。

そんなことがありましたね、10年前に。

それで、そのときは、どうしたか。
その道を選んだ結果、未来は、いまの我々は、どうなっているのか。

ま、パフェ、食べたよね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

R18バイオレンス百合

しばらく前に、我が彼女が「百合っぽくて気になっている」と教えてくれたまんが。
紹介PVを見て、わたしも前のめり、買ってしまいました『ムルシエラゴ』。

百合でした。
レズでした。ガチレズでした。

というわけで、レビュー記事を書きまあす。
 

1巻のページを開けばタイトルロゴ、
もう2ページめくれば、はいきたー、女の子同士がセックスしてるー

「あンのクソレズどうしてくれようかしら」というせりふや
銃弾、暗器、損傷した人体の一部が飛び交うので、 
穢れなきものを百合と呼ぶひとには、百合と認めてはもらえまいが、
女性同士の性愛を百合と呼ぶひとには、うん、ばっちり。

ということを踏まえて、気になった方は続きもどうぞ。
嫌悪感をもった方はごめんなさい、わたくし、こういうのも好きなんざます。
 
 

» 続きを読む

新年だもの

こんばんは、圭です。

年があらたまって10日。
今年の我が家では、新しい取り組みが始まりました。

その1、ダイエット。
結婚式なんてものを、やろうとしていますからね。
見栄、はろうじゃないの。

我が彼女あきらさんは、
ダイエットのサポートアプリをインストールし、
やる気に満ちあふれています。
アプリ、君の名は。



あ「もぐたんのダイエット記録だよ」

Mogu

彼女がアプリのキャラクタを見せてくれました。
へえ、これが、もぐたんね。
第一印象は熊なんだが、もぐらなのか。



あ「もぐもぐ食べたものを記録するの。熊です!」



あ、なんだなんだ、そうだよね、熊だよね。



我が家の新しい取り組み、その2。
うれしかったこと貯金。

うれしいことがあったら紙に書いて、
貯金箱に貯めてゆき、年末に1年分を開封します。

あきらさんがツイッターで見つけたんだそうです。

たのしかったこと。ではなく、
うれしかったこと。というのがいいよね。

わたしはこうしてブログを書いているし、
紙の日記も、しつこく18年続けているし、
たのしかった思い出は、多くが記録に残っています。

対して、うれしかったことというのは
予期せぬ贈りものとして降ってきて、消え去っていくもの。
うれしいことの一過性をつなぎとめる、
そのこと自体がたのしそうではないか。



かくて新しいことを始めつつ、
継続しているものも、もちろんあります。

お正月のカレーとかね。

Pumpkincurry

あきらさんが、かぼちゃとトマトのカレーを作ってくれました。

今年も彼女の手料理を満喫するのだ。
お菓子づくりも、ますますみがきがかかって、
ああ、こないだ焼いてもらった
干し柿とくるみのパウンドケーキ、
最高だったなあ。



あ「圭さん、見てみて、ほしがき…」



干し柿? いま干し柿って言った? 干し柿とくるみのケーキまた作ってくれる? もしかしてそう言ったの? ねえねえ期待しちゃっていいの(*≧∀≦)!?



あ「…星が、きれいだよって、上、見てごらんって、言おうとしたんだけど」



はしゃいだっていいじゃないか 新年だもの


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

ヒーターラビットのおはなし

こんばんは、圭です。

愛兎のべえやんが6歳を過ぎ
足を引きずるようになったことは、
以前ブログにも書きました。

骨折とか、スジを傷めているとか、
そういうことではないと獣医さんに言われており、
本人も食欲旺盛、引きずりながらでも走りまわる元気があるので、
まったり様子を見ながら、老化とつきあう日々。

朝、起きたら、
「おじいちゃん、寒さで膝が痛いの? 待ってね、ストーブつけるね」
と声をかけるのは、もはや日課だね。

暖をとるため、ストーブの前に陣取ったり。
こたつにもぐって人間の膝に乗ったり。
 
よしよし、あったかく過ごそうねえ。
でれているわたくしをよそに、
我が彼女あきらさん、なにやらうさぎ小屋を改造しはじめました。

小屋のなかに、マットやタオルをつかって、
ゆるやかな段差をいくつか作っています。

どうしたの、うさぎの好奇心を満たすための、刺激ですか?



「けがしない程度の筋トレ用に。じいさんうさぎのQOLを上げよう!」



だ、そうです。さすが。

べえやんは、新しい段差が気に入ったもよう。
ジャンプする姿なんて、久しぶりに見たな。

傾斜のゆるい2cmほどの段差は、
足が弱って重心の狂ったべえやんにとって、
ちょうどいい背もたれにもなっています。なるほどなあ!


Bee1


ヒーターに当たっていたら、
写真を撮られていることに気づいて振り返った図。

お、かわいいのが撮れた。
おじいちゃーん、もう一枚、目線くださーい。


Bee2


衰えない好奇心、わるくない、わるくないよ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

天下無敵の桃と百合

「女に膝枕して食べさせてもらうには最適」

「セックスの後のデザートとしても最上」

「姿かたちが色っぽい」

「丁寧に扱わなければたちまち痣になってしまう繊細さも、すぐに食べ頃を過ぎて崩れはじめるところも、女に似ている」


桃の話です。くだもののね。
上記すべて、中山可穂『ジゴロ』に拠りました。

桃の花ことばも、「あなたのとりこ」なんつって煽情的。
だけれども、桃には、他の花ことばもあるのだそうです。

いわく、「天下無敵」


で、まさしく天下無敵・天衣無縫な百合まんがをご紹介。

葉鳥ビスコ 『プティトゥ・ペッシュ!』

 
※未読の方向けに書きますが、念のためネタばれ注意!

» 続きを読む

ジェットコースター大阪

こんばんは、圭です。

年末の記事にちょろっと書いたとおり、
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにはじめて行きましたよってんで、大阪行楽の記録を。

旅行記はいつも長篇化してしまうんだが、
ほかにも書きたいことがたまっているので、今回は駆け足。
ジェットコースター式で参ります。


そうだ、先に脱線しておくけれど、
USJのジェットコースターと言ったら
「ザ・フライング・ダイナソー」というのが大人気だそうです。

翼竜プテラノドンに背中をつかまれ、空を飛ぶというのがコンセプトだけあって、
足はぶらぶら浮いた状態、ちょうど背もたれが地面と水平になるぐあいにイスが吊られ、あたまから突っ込んで疾走する恐怖のコースター。

わたしは絶叫系アトラクションの浮遊感が苦手なので
当初は乗らないつもりだったのだけれど、
「浮遊感はあまりない」「苦手なひとでも乗れた」とのクチコミを信じ、
何の因果か乗ってしまいました。でも、信じてだいじょうぶだった。

・富士急ハイランドではすべてのアトラクションで荷物持ち&カメラ係を買って出た。
・タワー・オブ・テラーはたった一度だけ乗ったものの、もう決して乗らない。
・ハリウッドドリームには足がすくんで乗れない。
わたしでも、これはまた乗りたいとおもえたので、
まだ見ぬ同類へ、こうしてメモを残します。
 

さて。

ショーを観て。
Waterworld


これはハリー・ポッターエリア。
Castle


魔法の杖も調子に乗って買った。
Wand


映画に出てきたバタービール。甘い。
Butterbier


次の日は粉もん食べ歩き。
Wanaka


あきらさんが等分アプリできれいにカット。
Onethird


まだ食べる。
K


これだけ食べまくっておきながら、
大阪府民おすすめのお店は未踏。

また行かないとね。

体重は年末年始で3kg増えちまったけれど、充実した休暇だったわ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

«「結婚」します